2019.02.18

【卒業特集】清水咲来(大阪薫英)の高校3年間「どん底に落ちていた時期もありました」

ウインターカップ2018ではベスト5にも選出された大阪薫英の清水[写真]=新井賢一
国内外のバスケ情報をお届け!

2月上旬、都内で実施された3x3女子日本代表の強化合宿には、全15名の候補メンバーうち「SoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」にも出場した高校3年生が8名招集された。そこで、もうすぐ高校生活を終えて次なる道へ進む彼女たちに、3年間の思い出や今後の抱負などを聞いてみた。

インタビュー=小沼克年

■清水咲来(大阪薫英女学院高校/大阪府)

――初めて3x3をやってみた感触はどうでしたか?
清水 5対5よりはスペースが広いので、1対1が行きやすかったです。自分は1対1が好きなので、率直に楽しかったなと。

――今振り返ってみて、どんな高校3年間でしたか?
清水 1、2年生の頃はケガなどもあり、あまり試合に出ることがなかったんです。あと、結構問題児で……(苦笑)。そのことで(安藤香織)先生が怒ってくださったりして、どん底に落ちていた時期もありましたね。けど、周りの仲間が支えてくれたり、先生の期待に応えようとして一つひとつ壁を乗り越えてきたからこそ(昨年の)ウインターカップ準優勝という結果が出たのかなと思っています。

――3年間で一番学んだことは?
清水 一番成長したなって思うことは『人間力』。バスケットの技術はもちろんなんですけど、周りの人に感謝してやることとか、自分で積極的に考えて主体的に行動するという人間力を学びました。

――思い出に残ってる試合とその理由を教えてください。
清水 ウインターカップ決勝もそうなんですけど、その前の準決勝の昭和学院(高校/千葉県)戦です。自分としては出来が悪かったという悔しさもあるし、でも勝ててよかったという嬉しさもあっていろんな感情があった試合でした。

――3年間で一番楽しかったことは?
清水 試合も楽しかったですけど、修学旅行ですね(笑)。高2の2月末にシンガポールに行ったんですけど、『USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)とロープで森を駆け下りる『メガジップ(アドベンチャー・パーク)』(※現在、名称はメガ・アドベンチャーパークに変更)ってやつが楽しかったです。

――後輩たちへのメッセージをお願いします。
清水 今年スタートで出ていた5人中3人が残っていて、他の1、2年生も力を持っている子たちばかりです。なので、またウインター、インターハイの舞台に戻ってきて今度こそ自分たちができなかった全国制覇をしてほしいです。

――最後に今後の抱負をお願いします。
清水 高校は最後の年しか試合に出て活躍することができなかったので、大学では1年生からコートに立ってチームを勝たせられるようにしたいです。個人の目標としては、アンダーの代表にも選ばれて世界で活躍できるようになりたいと思います。

ウインターカップ2018のバックナンバー