2019.05.14

2019年の男子注目選手(11)田口大(長崎西)「真のオールラウンダーを目指す成長株」

長崎西のシックスマンを務める2年生の田口[写真]=佐々木啓次
国内外のバスケ情報をお届け!

4月から新学期がスタートし、高校バスケ界では各チームにルーキーたちが加入。昨年の1、2年生も学年が1つ上がり、ここから本格的なチームづくりを図っていく。今回、バスケットボールキングでは2019年に注目すべき選手を独自にピックアップした。

■男子注目選手(11)田口大(2年/長崎西高校/長崎県)

 昨年のウインターカップでチームは初戦敗退となったものの、長崎西高校の田口大は1年生で唯一コートに立った。

 現在の身長は184センチとやや小柄ながら、当たり負けしない体格を武器にインサイドでも体を張るスモールフォワード兼パワーフォワードは、「オフェンスでの飛びこみリバウンドとポストプレー」が持ち味。今年のチームでは主にシックスマンとして起用されている。

「インサイドでは力強くアタックして、シュートを決めれなくてもファウルをもらえるように。3番ポジションでプレーする時はドライブだったり、空いたら積極的に3ポイントを狙っています」

 県内には「自分より身長の高い選手があまりいない」ようで、全国各地から強豪校が集う交歓大会や3月の「第49回全九州高等学校バスケットボール春季選手権大会」では、これまでになかった経験をしたという田口。「マークマンがみんな自分より大きくて、リバウンドを上から簡単に取られました」。

 全九州大会後は「もっとスクリーンアウトだったり、基礎的なことをしっかりしないといけない」と気を引き締め、オフェンスでは「自分より大きい選手へのドライブ。ブロックをされるので、そこでシュートフェイクなどを入れないといけない。あとは3ポイントの確率をもっと上げたいです」と今後への課題を挙げた。

 控えに甘んじることなく、あくまで先発の座を狙う田口は、中外で存在感を示す“真のオールラウンダー”を目指している。

文=小沼克年

2019年の高校バスケ注目選手のバックナンバー