2019.05.29

川内が地元・鹿児島インターハイの出場権獲得、女子はれいめいが初優勝を飾り全国へ

川内高校のエース・野口侑真[写真]=佐々木啓次(写真は「第49回全九州高等学校バスケットボール春季選手権大会」のもの)
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月25日から28日の期間、「令和元年度 第72回鹿児島県高等学校バスケットボール大会 (全国高校総体・九州大会予選)」が開催。同大会の結果、7月28日から鹿児島県内で実施される「全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」へ出場する代表校が決定した。

 男子は、川内高校が1位で出場権を獲得。川内に敗れはしたが、4チームによる決勝リーグで鹿児島商業高校、れいめい高校に競り勝った鹿児島工業高校が2位でインターハイ出場を決めた。

 一方の女子は、れいめいと鹿児島女子高校がインターハイへ。同校は決勝リーグ最終日に2勝同士で激突。最終スコア71-65でれいめいが勝利し、初優勝を達成した。

 なお、地元インターハイへの切符を獲得した男女計4校は、6月21日から沖縄県で行われる「第72回全九州高等学校バスケットボール競技大会」へ出場する。

■大会結果(決勝リーグ)
・男子
1位:川内高校(3勝0敗)
2位:鹿児島工業高校(2勝1敗)
3位:鹿児島商業高校(1勝2敗)
4位:れいめい高校(0勝3敗)

・女子
1位:れいめい高校(3勝0敗)
2位:鹿児島女子高校(2勝1敗)
3位:樟南高校(1勝2敗)
4位:鹿屋女子高校(0勝3敗)

インターハイ2019のバックナンバー