2019.07.18

インターハイ女子注目校(3)精華女子(福岡)「2大エースを擁し、スピーディーな展開で4強入りへ」

全国屈指のトランジションバスケを展開する精華女子高校
国内外のバスケ情報をお届け!

7月28日から8月2日にかけて鹿児島県で行われる「令和元年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」。バスケットボールキングでは、“令和初”の高校チャンピオンを決する夏の全国大会を前に、今大会で見るべき注目チームをピックアップした。

■女子注目チーム(3)精華女子高校(福岡県)

 福岡県代表としてインターハイに挑むのは、4年連続の出場となる精華女子高校。攻守の切り替えが速く、スピーディーなバスケットを展開する“トランジションバスケ”で全国ベスト4を目指す。

 同校の注目選手は、何と言っても樋口鈴乃、三浦舞華(ともに3年)という2大エース。1年次からチームを引っ張ってきた2人はともにオフェンス能力が高く、類まれなテクニックで相手を抜き去る1対1の強さは全国トップクラスだ。今年は「シューターがいない」(大上晴司コーチ)精華女子だが、樋口と三浦がそれをカバーするように積極的に外からもシュートを放ち得点につなげる。

 当然、両エースはインターハイでもマークされる存在だが、「それ以外の選手のところでもしっかり点が取れるように練習を積んでいる」と大上コーチも想定内。また、そうなった時に局面を打開するのが2年生ガードの齋藤風香であり、本人も「2人がマークされる分、スペースが空くので自分が切りこめる」と常にチャンスを狙っている。試合では主にシューティングガードを務める齋藤は、状況によってはキャプテンの樋口に変わりポイントガードの役割をこなし、160センチながら隙きを見てオフェンスリバウンドにも飛びこむ。隠れたキープレーヤーとも言えるだろう。

成長著しい2年生の齋藤

 3ガードを形成する精華女子のインサイド陣は、175センチの木村瑞希(3年)、171センチの中園陽菜乃(2年)と決して大きくはない。目標達成への課題はやはり、「高さのある相手をどうするのか」(大上コーチ)である。6月の「令和元年度 第72回全九州高等学校バスケットボール競技大会」では連覇を果たしたが、準決勝の延岡学園高校(宮崎県)戦では相手留学生に計48得点を献上した。昨年のインターハイでは、初戦となる2回戦で留学生擁する高知中央高校(高知県)に延長戦の末に敗れている。

 木村と中園がいかに体を張れるかがカギになってくるが、「どんな相手でもとにかく走りきること」と大上コーチ。あくまで自分たちの強みを貫きとおして上位進出を狙う。

写真・文=小沼克年

――――――――――――――――――

インターハイ2019 特設ページ
https://basketballking.jp/inhi2019?cx_top=pickup

インターハイ2019のバックナンバー