2019.07.19

インターハイ男子注目選手(4)金近廉(関西大北陽)「しなやかなプレーが光る“ネクスト渡邊雄太”候補」

195センチながらもオールラウンドな活躍をみせる金近 [写真]=三上太
本格的に取材を始めたのが「仙台の奇跡」と称された2004年アテネ五輪アジア予選。その後は女子バスケをメインに中学、高校と取材のフィールドを広げて、精力的に取材活動を行っている。

7月28日から8月2日にかけて鹿児島県で行われる「令和元年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」。バスケットボールキングでは、“令和初”の高校チャンピオンを決する夏の全国大会を前に、今大会で見るべき注目選手をピックアップした。

■男子注目選手(4)金近廉(2年/関西大学北陽高校/大阪府)

 今年4月に日本バスケットボール協会(JBA)が発表した「2019年度男子U16日本代表候補」に金近廉の名前があった。関西大北陽が誇る195センチのオールラウンダーである。U16では「SG/SF」と記載されているが、関西大学北陽では「PF」、つまりパワーフォワードとしてインサイドとアウトサイドのプレーを求められる。本人も現時点では「パワーフォワードの方がチームのプレーに絡めていて、得点にもつながっている」と語る。

 運動能力が高く、体の使い方もうまい。空中でディフェンスをかわしながらシュートを打つことができ、またディフェンスが複数寄ってくる場合には、ポイントガードのようにパスを散らすこともできる。

「中学2年までは先輩にうまい人たちがいてセンターをしていたのですが、自分たちの代になって、先輩たちが抜けると顧問の先生から『お前がガードをやらないとチームが回らない』と言われてポイントガードをやりました。そこでボールハンドリングがよくなり、アウトサイドからの仕掛け方も学びました」

 ディフェンスでは「留学生への苦手意識もない」と言い、高さとリーチを活かした得意のブロックショットでチームの失点を防いでいく。

 大阪府1位として出場するインターハイに向けては「アウトサイドシュートの確率を上げることや、インサイドでしっかり合わせることは基本の課題だと思います。ただ全国に行けば僕と同じくらいのサイズで動ける選手はたくさんいます。インターハイではドライブを積極的に仕掛けて、まずは目の前のディフェンスを倒してから次のプレーへと展開していきたいと思います」と意気込む。

 サイズや利き手などは異なるところは多いが、どこか“ネクスト渡邊雄太”を想起させる可能性を秘めている。そんな金近の初インターハイは必見である。

写真・文=三上太

インターハイ2019のバックナンバー