2019.08.07

NBA選手の前でプレーした福大大濠の横地聖真「得意なプレーをアピールできました」

8月5日に行われた「Why Not? Summer Camp」に参加した横地[写真]=伊藤 大允
国内外のバスケ情報をお届け!

ウェストブルックからアイソレーションの指示を何度も受けた福大大濠のエース

 8月5日に東京医療保健大学の世田谷キャンパスで行われた「Why Not? Summer Camp」には、福岡大学附属大濠高校(福岡県)と市立船橋高校(千葉県)の選手たちが参加していた。

 NBAが誇るスーパースター、ラッセル・ウェストブルック(ヒューストン・ロケッツ)がサプライズで登場する中、両校の選手たちはキャンプのメニューをこなし、ミニゲームをプレーした。

 そのミニゲームの後半、福大大濠のコーチを務めたウェストブルックが頻繁に「アイソレーション!」と声を上げた。その時ボールを手にしていたのは福大大濠のエース、横地聖真(3年)。

 横地は市立船橋のマッチアップ相手をクロスオーバードリブルで揺さぶり、ドライブやプルアップジャンパーで積極果敢にアタックし、ウェストブルックをはじめとする会場内の視線を独占。

ウェストブルックが福大大濠のコーチを務める中、横地は後半から5対5のミニゲームに出場した[写真]=伊藤 大允

 

間近で見たウェストブルックに衝撃「同じくらいの身長なのに筋肉がすごい」

 それでも、スムーズなドリブルから相手ディフェンダーを交わすシーンが何度もあり、鮮やかなクロスオーバーを繰り出して軽やかなレイアップを決めた時は会場内から大きな歓声が上がった。

「中学生の頃から、僕が得意なのはクロスオーバードリブルです。途中からアイソレーションばかりでびっくりしたんですけど、アピールできたのかなと思います」と横地。

 横地は毎年中国で行われている「NIKE ALL ASIA CAMP」(以降AAC)に4年連続で参加。アジアとオセアニアでトップレベルの選手たちが集うAACは、毎年NBA選手がゲストとして登場しており、横地は間近でNBA選手を何度も見てきた。

 昨年ウェストブルックが来日し、代々木公園でプレーしていた時には客席から見ていたというが、今年は間近でウェストブルックを見たことで「自分と同じくらいの身長なんですけど、筋肉がすごくて。ふくらはぎの筋肉がなんでここ(上部)についてんのかなと思いました。あれがダンクの秘訣なのかなって。自分もダンクはできるんですけど、ウェストブルックのあの足が欲しいです」と横地は衝撃を受けたようだ。

ウェストブルックを間近で見た横地は、ふくらはぎに注目していた[写真]=伊藤 大允

ウインターカップに向けて夏の覇者へ宣戦布告「打倒・福岡第一です」

 今回のキャンプに参加したことで、「難しい部分もありましたけど、1対1のスキルを再確認できたと思います。チームに持ち帰って、しっかりやっていきたいと思います」と振り返った横地が見据えるのは、高校3年間の集大成とも言えるウインターカップ。

 昨年まで8年連続でインターハイに出場してきた福大大濠だったが、今年度のインターハイで福岡県に与えられた出場枠は男女ともに1校のみ。予選の決勝リーグでは12点リードで迎えた第2クォーター以降で福岡第一高校に逆転を許してしまい、福大大濠は71-78で惜敗していた。

 8月2日に行われたインターハイ決勝。福岡第一は107-59で北陸高校(福井県)を撃破し、3年ぶりに夏を制した。これにより、12月下旬から幕を開けるウインターカップで、福岡は3校が出場することとなる。横地は約4か月後に迎える大一番に向けて、力強い言葉を発していた。

「福岡第一とは逆サイド(ブロック)になるかもしれませんが、自分たちは今のところ、第一以外に負ける気はありません。“打倒・福岡第一”ですので、ウインターカップ予選と本戦でどれだけ第一に詰めることができるかだと思います。この夏と秋にしっかりつめて、ウインターカップでは福岡同士で戦い、最後は福大大濠が勝てるように頑張ります」。

今回のキャンプを機に、高校生たちがどのような成長曲線を描いていくのか、注目していきたい[写真]=伊藤 大允

参加した選手たちへ「モチベーションアップにつなげてほしい」と片峯コーチ

 では、ウェストブルックのキャンプに参加した選手たちに対して、福大大濠の片峯聡太コーチはどういったことを期待しているのかと聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「『バスケットをさらに頑張んなきゃ』というモチベーションです。彼らは高校でバスケットキャリアが終わる選手たちではないので、この先どうやっていくかというモチベーションに。今はBリーグも盛り上がっていて、Bリーグを超えて海外へ行ってプレーしている八村塁選手(ワシントン・ウィザーズ)や渡邊雄太選手(メンフィス・グリズリーズ)がいる中で、やればやる分だけ後々自分に返ってきます。そういうマインドセットができる機会になってくれればな、と思っています」。

NBA屈指の実力者とのキャンプを終えた市立船橋高校(左)と福大大濠高校(右)の選手たち[写真]=伊藤 大允

 ウインターカップまで約4か月。片峯コーチは「チームの戦術をある程度確定させながら、走る日と戦術的なことを行う日に分けて9、10、11月の3か月間でしっかりと作り込んでいく。そのベースを作る夏休みにしようと思っています」と冬の大一番を見据えていた。

 ウェストブルックという世界的に知名度のあるスーパースターのキャンプに参加したことは、福大大濠の選手たちにとって貴重な時間となったに違いない。

取材・文=秋山裕之