2019.10.11

福岡第一の1年生PG・佐藤涼成、国体優勝は「自信がついた」…「河村勇輝さんを超えたい」

国体ではシックスマンとして活躍した福岡の佐藤
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月4日から5日間に渡って茨城県で開催された「第74回国民体育大会 バスケットボール競技」が幕を閉じ、高校バスケ界はいよいよウインターカップ出場へ向けた予選が本格化する。今回の国体で主力として戦った高校1年生たちも、所属チームに戻れば力のある2、3年生とのレギュラー争いに勝たなければ、再びプレータイムを獲得できない選手も多いはずだ。

 そんな中、今後の活躍に期待したい選手の1人が、福岡のメンバーとして国体を戦い抜いた佐藤涼成。佐藤はインターハイ王者である強豪・福岡第一高校の1年生ポイントガードだ。身長は172センチだが、体格も良く岩手県の一関市立磐井中学校時代には、1試合で30得点以上稼ぐ試合も少なくなかったという。福岡第一の井手口孝コーチも、佐藤を「強気で、ふてぶてしい」と評価している。

 自身の持ち味は「激しいディフェンスでプレッシャーをかけ続けることと、相手を引きつけてのアシスト」という1年生ポイントガードは、今大会では主にシックスマンとして控えガードで出場。初戦では10得点7アシスト、準々決勝では8得点7アシストを記録した。「久しぶりに長い時間試合に出場して、体力面も落ちていましたけどすごくいい経験になりました」と大会を振り返った。また、「目標にしている選手は?」の質問には、すぐに「勇輝さんです」と返ってきた。

 福岡第一には河村勇輝(3年)という超高校級のポイントガードがいる。佐藤は河村に憧れて福岡第一の門を叩いたのだ。井手口孝コーチは、佐藤が福岡第一に入学した経緯をこう話してくれた。

「自分から入学前のオープンキャンパスに来て、1時間くらい練習して帰ったんですけど、そこで河村勇輝とペアを組ませて練習させました。そしたら河村が『あの子うまかったですよ』と教えてくれて、全部は見きれなかったのですが、僕もそう思ったので後日中学校の先生に電話しました。そこで岩手では30点も40点も取る選手だったと聞いて、1時間の練習ではわからなかったところもあったので送っていただいたDVDを見たら、素晴らしかったんですよ」

 佐藤にも入学を決めた理由を聞いた。「部活を引退したあとに動画で見た勇輝さんのプレーが目について、『この人と1年間プレーできるならいい刺激になる、ここでがんばりたい』と思い、見学に行くことにしました」。

 佐藤は今夏のインターハイでも、ベンチ入りを果たし全5試合に出場した。しかしそれは、2年生ガードの當山修梧が大会前にケガを負って出場できなくなったことが理由の1つに挙げられる。もっとも、福岡第一は3年生の河村と小川麻斗、国体でも一緒に戦ったハーパージャン ローレンスジュニア(2年)など、実力のあるガードがズラリとそろう。

 それでも佐藤は「年齢は関係ない。先輩たちがいても自分が引っ張っていけるようになりたい。今は勇輝さんに追いつくことを目標にしていますが、超えれるようにこれからもがんばっていきたいです」と、激しいレギュラー争いに負けるつもりはない。

 国体を優勝という形で終え、「大会前よりガードとしての自信がつきました」と手応えを口にした佐藤。練習中から切磋琢磨している河村が高校生でいる間に、どこまで追いつけるか。今後の成長が楽しみであり、ウインターカップでも彼がプレーする姿をぜひ見てみたい。

文=小沼克年

ウインターカップ2019のバックナンバー