2019.12.05

【ウインターカップ注目選手】杉本りく(足羽)「『小さくてもできる』オールコートバスケの申し子」

足羽の“泥臭い”バスケットを先頭で体現する杉本[写真]=佐々木啓次
バスケットボールキング編集部。これまで主に中学、高校、女子日本代表をカバーしてきた。また、どういうわけかあまり人が行かない土地での取材も多く、氷点下10度を下回るモンゴルを経験。Twitterのアカウントは @m_irie3

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ女子注目選手(2)杉本りく(3年/足羽高校/福井県)

「今年のチームは大きな選手はいないけど、それだけにオールコートに粘り強く当たるうち本来のスタイルで戦うしかない」

 そう語るのは足羽高校の林慎一郎コーチだ。今夏、北信越大会や鹿児島で行われたインターハイで、足羽の持ち味である“泥臭い”バスケットボールでボールを追う姿が強く記憶に刻まれている。

 その先鞭をつけるのがチームのエースでもある杉本りくだ。相手チームに息をもつかせないアップダウンの激しい攻防において、杉本のスピードは他の選手を圧倒するものがある。ディフェンスではオールコートで当たるトップの位置に陣取り、ボールマンにプレッシャーをかける。そして、ボールを奪えば一気にゴールを目指すのだ。

 その杉本の名前が全国区となったのは湯沢翔北高校(秋田県)と対戦した今夏のインターハイ2回戦。ディフェンスを切り裂くようなドライブに加え、9本の3ポイントシュートを叩きこみ、女子として1試合最多得点記録となる57得点をゲットした。

今夏のインターハイでは驚異的な得点力を発揮した[写真]=佐々木啓次

 そのインターハイでは3回戦で準優勝した岐阜女子高校(岐阜県)に74-87で足羽は敗れるが、「最後まで諦めることはなかったが、今後の課題は最後まで自分たちのバスケっとボールをやり切ること」と林コーチは冬に向けての課題を挙げている。

 そして「小さくてもできることを証明したい」と林コーチは意気込んだ。

 もちろんそれには杉本の攻防での貢献が不可欠である。高校生最後の舞台で、試合終了のブザーが鳴るまで諦めないプレーを見せる足羽には杉本の姿がきっとあるはずだ。

文=入江美紀雄

ウインターカップ2019のバックナンバー