2019.12.11

【ウインターカップ注目選手】江原信太朗(実践学園)「多彩な攻撃を仕掛ける不動のエース」

ベスト4を目指す実践学園でエースを務める江原[写真]=佐々木啓次
国内外のバスケ情報をお届け!

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ男子注目選手(5)江原信太朗(3年/実践学園高校/東京都)

 昨年のウインターカップで創部初となるベスト8入りを果たした実践学園高校。今年のチームに置いて絶対的エースとして君臨するのは、3年生の江原信太朗だ。

 江原は190センチのオールラウンダー。チーム内で最も身長が高いという事情から比較的インサイドでプレーすることが多いが、ポストプレーからのフェイダウェイシュート、ペリメーターや3ポイントでも難なく得点を重ねる。その中でも江原自身が得意と豪語するのは「ドライブ」であり、フィジカルを活かした力強い突破も魅力の1つだ。

インターハイでは広島皆実・三谷とのエース対決に敗れた[写真]=佐々木啓次

 今年は6月の「令和元年度関東高等学校男子バスケットボール大会 兼 第73回関東高等学校バスケットボール選手権大会」で初優勝を飾り、東京都にウインターカップの出場枠を1つ増やした実践学園。しかし、インターハイでは広島皆実高校(広島県)に20点差をつけられ3回戦で姿を消した。その試合にフル出場した江原は、チームトップの28得点をマークしたものの、激しいマッチアップを繰り広げた相手エースの三谷桂司朗(3年)に37得点を献上。190センチ台のオールラウンダー同士による“エース対決”にも敗れたことは、江原にとって二重に悔しい思いをしたことだろう。

 夏の悔しさを晴らせるのは、自身3度目となるウインターカップの舞台。中学時代には全中連覇を経験し、高校でも1年次から先発として主軸を担ってきた江原が目指すのは、昨年超えとなるベスト4以上だ。実践学園は初戦から前回大会4位の帝京長岡高校(新潟県)との対戦。強敵相手ということもあり、絶対的エースの出来が勝敗を左右すると言っても過言ではない。

文=小沼克年

ウインターカップ2019のバックナンバー