2020.01.24

河村勇輝がBリーグデビューへ意気込み「自信がなかったら挑戦してない」…背番号は「0」に決定

三遠ネオフェニックスが河村の入団会見を実施 [写真]=バスケットボールキング編集部
国内外のバスケ情報をお届け!

 三遠ネオフェニックスは1月24日、特別指定選手契約を締結した河村勇輝(福岡第一高校3年)の入団会見を豊橋市内で実施。会見には河村に加え、鹿毛誠一郎ゼネラルマネージャー兼アシスタントコーチ、北郷謙二郎社長の3名が登壇した。

 河村は今回のBリーグ挑戦について「自信がなかったら挑戦していないです。でもそれはプレーが通用する自信ではなく、どんな壁も突き破っていける自信です」とコメント。三遠は現在3勝27敗と苦戦を強いられており、明日からのB1第19節では千葉ジェッツを迎え撃つ。鹿毛GM兼ACは「出場機会は与えようと思っています」と河村の起用を明言し、背番号は「0」に決定したことも発表した。

 河村は昨年の「第95回天皇杯・第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」2次ラウンドで千葉と対戦しているだけに、「縁が深くやりがいのある相手」と印象を述べ、「お互いがプロという立場でやり合える」と闘志を燃やした。また、Bリーグデビューについては「個人的なことよりもチームの勝利」と話し、「少しでもチームが変わる要因になりたいです」と意気込んだ。

 背番号「0」には、「過去の栄光を忘れてゼロからスタートする」という意味が込められていると河村。高校界を席巻した若きスピードスターが、B1リーグという国内最高峰の舞台でどんなプレーを披露するのか。今後も河村勇輝から目が離せない。