2020.12.01

【ウインターカップ2020注目校】京都精華学園(京都)「目標はベスト4にたどり着いた“先輩を超える”こと。その先には栄冠が待っている」

上位進出を目指す京都精華学園 [写真]=吉田孝光
バスケットボールキング編集部。これまで主に中学、高校、女子日本代表をカバーしてきた。また、どういうわけかあまり人が行かない土地での取材も多く、氷点下10度を下回るモンゴルを経験。Twitterのアカウントは @m_irie3

 12月23日から29日の期間、都内で開催される「SoftBank ウインターカップ2020 令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度はインターハイ、国体も中止となったため、ウインターカップが最初で最後の全国大会となる。バスケットボールキングでは冬の日本一を決定する大会での注目チームをピックアップし、紹介する。

■ウインターカップ女子注目校(5)京都精華学園高校(京都府)

 昨年の大会では準決勝で岐阜女子高校(岐阜)に81-63で敗れた京都精華学園。念願の決勝進出は逃したものの、絶対的なリーダーシップを持つ高橋未来(現デンソーアイリス)を筆頭に戦った同チームは全国の舞台で初めてベスト4に名前を連ねた。

 昨年から先発を担うキャプテンの荻田美は「目標は日本一。岐阜女子、桜花学園を破って先輩たちの記録を抜くことです」と力を込める。この荻田にインサイドを務める柴田柚葉とトラオレ・セトゥ(ともに3年)、ガードの中江美友(3年)と瀬川心暖(2年)がウインターカップ京都府予選ではスタメンを担った。5人とも中学からのチームメートであり、2017年の沖縄全中ではベスト4の成績を収めている。それだけにこのウインターカップで自分たちを超えることも目標となる。

 攻防と要となる荻田はメンバーの配置を俯瞰で見られる選手。周りを生かすこともできれば、必要とあれば自分で得点を奪うことでチームの立て直しを図る。柴田は4番ポジションながら確率の高いシュートが武器だ。決して大きなサイズではないが、体を張ったボックスアウトで相棒のセトゥのリバウンドをフォローする。そのセトゥは高さを生かしたプレーでゴール下に君臨。この3人が京都精華の屋台骨を支える。

インサイドの要の1人でもある柴田柚菜 [写真]=吉田孝光

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は京都精華にとっても暗い影を落とした。チームは4月から約2カ月間は全く練習ができない状況が続いたという。チームの指揮を執る山本綱義アシスタントコーチはあえてその期間に課題を与えなかったという。

「自分たちでどこまでやれるか? 高橋なら自分で計画を立てて頑張ったはず。その姿勢を今年の代にも取ってもらいたかった」と山本ACは振り返る。さらに「みんな努力はしてくれたがチームとしてのコミュニケーションや詰めの甘さが出ている」と現状をとらえる。

 ウインターカップ京都府予選の決勝では紫野高校の気迫あふれるプレーに気圧されるシーンがたびたび見られた。山本ACは選手へのミーティングの後に取材に対応し、「選手には油断、おごりを指摘した。これらは全国に行くと致命傷になりかねない」と気を引き締めを促した。苦しみながら勝利したことが目標達成への第一歩としたいところだ。

 11月26日に組み合わせが発表された。左上ブロックに入った京都精華の1回戦の相手はみちのくの強豪、聖和学園高校(宮城)に決まった。相手にとって不足はないが、仮にここに勝利したとしても優勝までの道のりは決して楽ではないと言えるだろう。しかし、これを困難を乗り越えた先には栄光が待っている。

文=入江美紀雄

ウインターカップ2020のバックナンバー