2018.12.19

ジュニアオールスターの組み合わせが発表、全96チームによる予選リーグは3月28日に開幕

国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は12月17日、2019年3月28日から30日にかけて行われる「第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019」の組み合わせを発表した。

 各都道府県間の交流の活性化および各地区・各チームのリーダー育成を図り、中学生の競技力向上と普及を目指す同大会は、武蔵野の森スポーツプラザ(東京都調布市)をはじめとする関東地区計7会場で実施される。47都道府県代表に開催地の東京を加えた男女各48チームが出場。初日に参加チームを16ブロックに分け予選リーグを行い、各リーグの1位が29日からの決勝トーナメントに進出する。

 男女ともに延長戦にまでもつれこむ大熱戦であった前回大会。男子では、3年ぶり2回目の優勝を果たした岡山県がリーグFに所属し、東京B、岩手県との予選を戦う。一方、女子の部は前回優勝の千葉県が、市川市塩浜市民体育館にて鹿児島県、福島県と予選リーグで相まみえる。

 主な大会概要、組み合わせは以下のとおり。

■第32回 都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019 大会概要

【目的】
(1) 各都道府県間の交流の活性化を図り、併せて中学生の競技力の向上を目指す。(強化)
(2) 各地区・各チームのリーダーの育成を図り、中学校のバスケットボールの一層の普及を目指す。(普及)

【主催】
公益財団法人日本バスケットボール協会

【大会期日】
平成31年3月28日(木)~30日(土)

【会場】
武蔵野の森総合スポーツプラザ (東京都調布市西町290-11)
越谷市立総合体育館 (埼玉県越谷市増林2丁目33番)
上尾運動公園体育館 (埼玉県上尾市愛宕3丁目28番)
市川市塩浜市民体育館 (千葉県市川市塩浜4丁目9−1)
浦安市運動公園総合体育館 (千葉県浦安市舞浜2番地27番)
横浜文化体育館 (神奈川県横浜市中区不老町2丁目7番)
川崎市とどろきアリーナ (神奈川県川崎市中原区等々力1丁目3番)

■男子予選リーグ組合せ

【浦安市運動公園総合体育館】

リーグA:新潟、千葉、岐阜

リーグB:富山、京都、広島


【上尾運動公園体育館】

リーグC:福井、埼玉、熊本

リーグD:徳島、宮崎、石川


【武蔵野の森総合スポーツプラザ】

リーグE:愛知、福島、島根

リーグF:東京B、岡山、岩手


【川崎市とどろきアリーナ】

リーグG:福岡、秋田、鳥取

リーグH:和歌山、山口、群馬


【横浜文化体育館】

リーグ I:兵庫、愛媛、神奈川

リーグJ:長野、奈良、大分


【市川市塩浜市民体育館】

リーグK:高知、静岡、佐賀

リーグL:山形、滋賀、沖縄


【越谷市立総合体育館】

リーグM:北海道、茨城、香川

リーグN:山梨、大阪、青森


【武蔵野の森総合スポーツプラザ】

リーグO:長崎、宮城、東京A

リーグP:鹿児島、栃木、三重

■女子予選リーグ組合せ

【横浜文化体育館】

リーグA:宮崎、広島、京都

リーグB:福井、宮城、鳥取


【上尾運動公園体育館】

リーグC:沖縄、岡山、徳島

リーグD:佐賀、滋賀、青森


【武蔵野の森総合スポーツプラザ】

リーグE:静岡、大阪、石川

リーグF:山形、新潟、東京B


【川崎市とどろきアリーナ】

リーグG:奈良、福岡、山口

リーグH:北海道、神奈川、兵庫


【武蔵野の森総合スポーツプラザ】

リーグ I:東京A、富山、大分

リーグJ:山梨、岩手、島根


【市川市塩浜市民体育館】

リーグK:鹿児島、千葉、福島

リーグL:和歌山、群馬、愛媛


【浦安市運動公園総合体育館】

リーグM:長野、長崎、高知

リーグN:栃木、三重、熊本


【越谷市立総合体育館】

リーグO:香川、埼玉、愛知

リーグP:茨城、秋田、岐阜