2021.01.11

【Jr.ウインターカップ2020-21】高さと上手さを兼ね備えたオールラウンダー誕生の予感…高田将吾

アウトサイドからのドライブも得意とする高田将吾(奥田バスケットボールクラブ)[写真提供]=日本バスケットボール協会
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月4日~7日の日程で行われた「2020年度 第1回 全国U15バスケットボール選手権大会(Jr.ウインターカップ2020-21)」。全国から集まった中学生ケイジャーが力いっぱいのプレーを披露してくれた今大会では、中学2年生の活躍も目立った。今年の全国中学校バスケットボール大会(全中)、そして来年のJr.ウインターカップ、さらに将来が期待される選手を紹介したい。

 奥田バスケットボールクラブの高田将吾はベスト4に進出した同チームの攻防の要として活躍。京都ハンナリーズ U15との1回戦では32得点、青龍U15バスケットボールクラブとの準々決勝、NLG INFINITYとの準決勝の2試合では31得点を挙げ、2年生ながら5試合で平均26.2点をたたき出した。

インサイドではファウルを受けても決めきるパワーも持つ [写真提供]=日本バスケットボール協会


 身長186センチの高田はゴール下で強さを見せるが、それ以外に目立ったのがアシストのうまさ。状況によってはポイントガードのようにゲームを組み立て、的確なパスを出す視野の広さを見せてくれた。

 それに関してNLG INFINITY戦の後に聞くと、その試合でマッチアップした195センチの川島悠翔だ。「今日のような相手(川島)だったら、ゴール下では通用しない部分もあるので、2、3番のように外のプレーもできるようになっていきたいと思っています」と青写真を語ってくれた。

 奥田バスケットボールクラブを指揮するのは馬場雄大(メルボルン・ユナイテッド)や八村塁(ワシントン・ウィザーズ)を指導した坂本穣治ヘッドコーチだ。

 高田は「坂本コーチから直接、八村選手や馬場選手を指導していた時の話を聞いています。(2人が当時)どういう気持ちだったのか、どういう練習をしていたのかを間近で聞けるのはいいことだと思います」と刺激を受けているようだ。

「来年もここに戻ってきて、必ず全国制覇をしたいと思います」と語る高田の将来の夢は、「八村選手や馬場選手のような選手になってBリーグや日本代表で活躍できるようになりたいです」。

 また一人、将来が楽しみな選手が出現した。

文=入江美紀雄