2019.03.19

<チームメート>小野幌ミニバス少年団 守備、攻撃 全員が主役/ミニバス(男子)

小野幌ミニバス少年団(男子)の団旗[写真]
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 小野幌ミニバス少年団は男子と女子の2チームがあり、平日の練習は合同で行っています。男子のメンバーは20人。チームを率いる柳沢幸宏コーチは、バスケを通して粘り強さや達成感、目標に向かう過程で生まれる仲間意識など、人生に必要なことを学んでもらいたい、との思いで指導しています。

「小柄な子が多く、スタープレーヤーはいませんが、スピードとチームワークで対抗し、全員が活躍するチームを目指しています」と話します。ブロック予選を勝ち抜き、11月に出場した札幌地区決勝大会では1回戦で敗れて涙しましたが、その悔しさをバネに練習しています。

 キャプテンの油谷虹汰くん(小6)は「全員で声を出し、守備を頑張り、攻撃につなげるチームです」と話します。

▽練習場所
札幌市立小野幌小(札幌市厚別東2の4)
▽練習時間
月・水・木曜(午後4~7時)、土曜(午前9時~正午)
▽対象
小野幌小、ひばりが丘小に通う男子

文・写真 吉田弥生(フリーライター)
2019年3月5日 北海道新聞「さっぽろ10区(トーク)」掲載