2019.06.18

<チームメート>手稲西ミニバスケットボール少年団 練習でも常に全力プレー/ミニバス(女子)

手稲西ミニバスケットボール少年団の団旗[写真]
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 4つの小学校から集まった18人のチームです。チームを率いる神田泰宏ヘッドコーチが子どもたちに求めるのは「練習でも試合でも、常に全力でプレーする」こと。目の前のワンプレーに全力を注ぐことの積み重ねが勝利につながると考えています。また、勝つための練習だけでなく、中学や高校の部活に生かせるよう基本をしっかり身に付けることも重視しています。

「今年は6年生が10人もいて個性豊か。それぞれの持ち味が発揮されてどんな化学変化が起きるか楽しみです」と神田コーチ。

 キャプテンの吉井ひなたさん(小6)は「全員が目標に向かってしっかりプレーできるチームです。全市、全道大会出場を目指して頑張ります」と話します。

▽練習場所 手稲西小(金山3の2)
▽練習時間 火・木曜と隔週水曜(午後3時45分~5時45分)、土・日曜(午前9時~午後0時半)
▽対象 手稲西小、手稲北小、稲穂小、星置東小に通う女子

文・写真 吉田弥生(フリーライター)
2019年5月21日 北海道新聞「さっぽろ10区(トーク)」掲載