2018.05.14

ジョーンズ杯に向けた男子代表候補が発表、若手Bリーガーや4名のアメリカ出身選手などが選出

代表候補全25名が発表された[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は5月14日、7月14日からチャイニーズ・タイペイで開催される「第40回ウィリアム・ジョーンズ カップ」に向けた、男子日本代表チームの候補選手25名を発表した。

 メンバーにはBリーグ所属選手から並里成滋賀レイクスターズ)、満原優樹サンロッカーズ渋谷)に加え、ベンドラメ礼生(SR渋谷)や高橋耕陽(滋賀)、今村佳太新潟アルビレックスBB)らの若手を中心とした10名が選出。その他、Bリーグでのプレー経験もある中村太地(法政大学3年)と平岩玄(東海大学3年)、ウィッティア大学4年の栗原ルイスやジョージア工科大学2年のシェーファーアヴィ幸樹など、計4名のアメリカ出身選手が名を連ねた。

 なお、チームは現在、都内にて第1次強化合宿を実施中。男子代表は同大会の他に、6月29日から「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」Window3の2連戦を控えている。

■平成30年度バスケットボール男子日本代表チーム候補メンバー(第40回ウィリアム・ジョーンズ カップ出場チーム)
並里成滋賀レイクスターズ
満原優樹サンロッカーズ渋谷
熊谷尚也大阪エヴェッサ
ベンドラメ礼生サンロッカーズ渋谷
高橋耕陽滋賀レイクスターズ
橋本拓哉大阪エヴェッサ
佐藤卓磨滋賀レイクスターズ
杉浦佑成サンロッカーズ渋谷
今村佳太新潟アルビレックスBB
玉木祥護(筑波大学4年)
中村功平(中央大学4年)
栗原ルイス(ウィッティア大学4年)
中村太地(法政大学3年)
森下魁(筑波大学3年)
平岩玄(東海大学3年)
シェーファー アヴィ 幸樹(ジョージア工科大学2年)
バートン・マーク(クラークアトランタ大学)
津屋一球(東海大学2年)
山口颯斗(筑波大学2年)
コート・ハンター(広島ドラゴンフライズ
関口サムエル(レギアワルシャワ)
半澤凌太(筑波大学1年)
鎌田真(マリーノル高校)
トビン・マーカス(マリーノル高校)
田中力

※所属は2018年5月14日現在

FIBAワールドカップへの道のバックナンバー