2018.08.20

JBAが男子代表4選手の帰国処分を報告、三屋会長「言い訳の余地はありません」

インドネシアでのアジア大会開催中に男子日本代表の不祥事が起こった
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は8月20日、日本オリンピック委員会(JOC)から、インドネシアでの「第18回アジア競技大会(夏季大会)」に参加している男子日本代表チームの4選手、永吉佑也京都ハンナリーズ)、橋本拓哉大阪エヴェッサ)、佐藤卓磨滋賀レイクスターズ)、今村佳太新潟アルビレックスBB)の日本代表選手資格をはく奪し、帰国処分とする連絡を受けたと発表した。

 JBAの発表によると、4選手は16日の試合終了後の深夜、日本代表選手団ウェア着用したまま現地歓楽街で遊行したという。

 今回の不祥事を受け、JBAの三屋裕子会長は公式HPをとおして次のようにコメントした。

「この度、第18回アジア競技大会において、バスケットボール男子日本代表選手4名が日本代表選手団ウェアを着用し、現地歓楽街で遊行するという不適切な行動をとったことが発覚し、昨夜、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)よりご連絡をいただきました」

「この不祥事について、国民の皆さま、またバスケットボールを応援・支援してくださっている関係各位に対し、心よりお詫び申し上げます。また、当該4名を除く代表チームの大会継続参加をお認めいただきましたことについて、JOCに感謝申し上げます」

「今回の彼らの行動は、日本を代表する立場で戦いの場に臨む日本代表選手として言語道断であり、その思慮に欠ける行動に言い訳の余地はありません。一方で私たちの管理監督責任も痛感いたしております」

「すべての詳細を把握できていない現状ですが、当協会としても、この後本人たちからの聴取も含めて詳細を再確認いたします。当該選手たちに対する処分については、また改めてご報告させていただきます」

「二度とこのような不祥事を起こすことがないよう、当協会は全力を挙げて、管理体制の強化ならびに選手たちの意識改善・向上に取り組んでまいります」

 併せて、20日20時より緊急記者会見を行うことを発表した。

FIBAワールドカップへの道のバックナンバー