2018.09.12

渡邊雄太と八村塁、比江島慎もメンバー入り! カザフスタン戦に臨む日本代表12名が決定

カザフスタン戦での共演が期待される渡邉と八村[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は9月12日、カザフスタン代表との「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window4)」に臨む男子日本代表チームの12名を発表した。

 メンバーには日本の1次予選突破に大きく貢献した八村塁(ゴンザガ大学)や比江島慎(ブリスベン・バレッツ)に加え、メンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結んだ渡邊雄太を招集。富樫勇樹千葉ジェッツ)、篠山竜青川崎ブレイブサンダース)なども選出された一方で、宇都直輝富山グラウジーズ)、古川孝敏琉球ゴールデンキングス)、今オフに左足首の手術を受けた帰化選手のニック・ファジーカス(川崎)らはメンバー外となった。

 なお、カザフスタンとのアウェイゲームは13日の日本時間23時から行われる。

■FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選 Window4 カザフスタン戦 日本代表メンバー
アイラ・ブラウン琉球ゴールデンキングス
太田敦也三遠ネオフェニックス
竹内譲次アルバルク東京
篠山竜青川崎ブレイブサンダース
辻直人川崎ブレイブサンダース
比江島慎(ブリスベン・バレッツ)
田中大貴アルバルク東京
張本天傑名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
富樫勇樹千葉ジェッツ
渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)
馬場雄大アルバルク東京
八村塁(ゴンザガ大学)

FIBAワールドカップへの道のバックナンバー