2019.02.24

カタールとの大一番に臨む日本代表、ベンドラメ礼生が初の最終メンバー入り…勝てば無条件でW杯へ

カタール戦に勝利し、8連勝でワールドカップ出場を決めたい [写真]=小永吉陽子
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は2月24日、カタール代表との「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window6)」に臨む男子日本代表チームの12名を発表した。

 メンバーは21日のイラン戦から1名を変更。古川孝敏琉球ゴールデンキングス)に代わりベンドラメ礼生サンロッカーズ渋谷)がワールドカップ予選初の最終12名に名を連ねた。

 日本は現在、7勝4敗でグループF2位に位置しており、勝てば無条件でワールドカップ(旧世界選手権)行きが決定。敗れた場合でも同組3位のイラン、4位のフィリピンどちらかが敗戦すれば出場権が与えられるグループ3位以内が確定する。日本が負け、かつイランとフィリピンが勝利した場合はグループEに所属する中国を除いた4位チーム(レバノンまたはヨルダン)の勝数を上回ると出場決定。4位同士で勝数が並んだ場合は、得失点が上回る方が上位となる。

 なお、試合は日本時間24日の23時30分から行われる。

■男子日本代表メンバー(FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選 Window6 カタール戦)
富樫勇樹千葉ジェッツ
比江島慎栃木ブレックス
篠山竜青川崎ブレイブサンダース
太田敦也三遠ネオフェニックス
ベンドラメ礼生サンロッカーズ渋谷
竹内公輔栃木ブレックス
竹内譲次アルバルク東京
馬場雄大アルバルク東京
辻直人川崎ブレイブサンダース
ニック・ファジーカス川崎ブレイブサンダース
田中大貴アルバルク東京
張本天傑名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

FIBAワールドカップへの道のバックナンバー