2019.02.27

最新FIBAランク発表、日本は順位を一つ下げて48位…ロシアがトップ10入り

順位を一つ下げた男子日本代表 [写真]=兼子愼一郎
国内外のバスケ情報をお届け!

 FIBAは2月26日、最新のFIBAランキングを発表した。

 男子カテゴリーでは、アメリカ、スペイン、フランス、セルビア、アルゼンチン、リトアニア、スロベニア、ギリシャ、クロアチアの上位9カ国に変動はなく、ロシアがオーストラリアを抜いて10位に浮上した。「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の出場権を手にした日本だが、過去8年間の成績が反映されるため順位を一つ下げて48位。アジアのトップ5は11位のオーストラリア、27位のイラン、30位の中国、31位のフィリピン、32位の韓国となっている。

 また、ワールドカップ出場国を見ると、49位のヨルダン、51位のチュニジア、64位のコートジボワールの3カ国が日本より下に位置している。

■FIBAランキング(2月26日発表)
1位:アメリカ☆
2位:スペイン☆
3位:フランス☆
4位:セルビア☆
5位:アルゼンチン☆ 
6位:リトアニア☆
7位:スロベニア
8位:ギリシャ☆
9位:クロアチア
10位:ロシア☆
11位:オーストラリア☆
12位:ブラジル☆
13位:イタリア☆
14位:メキシコ
15位:ラトビア
16位:プエルトリコ☆
17位:トルコ☆
18位:ドミニカ共和国☆
19位:ウクライナ
20位:ベネズエラ☆
21位:フィンランド
22位:ドイツ☆
23位:カナダ☆
24位:チェコ☆
25位:ポーランド☆
26位:ジョージア
27位:イラン☆
28位:モンテネグロ☆
29位:ベルギー
30位:中国☆
31位:フィリピン☆
32位:韓国☆
33位:ナイジェリア☆
37位:セネガル☆
38位:ニュージーランド☆
39位:アンゴラ☆
48位:日本☆
49位:ヨルダン☆
51位:チュニジア☆
64位:コートジボワール☆
☆=ワールドカップ2019出場国