2019.08.27

日本代表、W杯の最終エントリー内定者12名が決定

八村や渡邊、ファジーカスなどがロースターに名を連ねた [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は8月27日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」に出場する男子日本代表メンバーの最終エントリー内定者12名を発表した。

 八村塁(ワシントン・ウィザーズ)、渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)の“NBA組”に加え、比江島慎宇都宮ブレックス)や馬場雄大アルバルク東京)などがメンバー入り。候補メンバー16名からは太田敦也三遠ネオフェニックス)、ベンドラメ礼生サンロッカーズ渋谷)、渡邉飛勇(ポートランド大学)、張本天傑名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の4名が外れた。

 なお、最終エントリーメンバー12 名は、大会開幕前日にFIBAが実施するテクニカルミーティング(代表者会議)にて承認されることにより、確定するという。

■「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」 日本代表 最終エントリー内定者
安藤誓哉アルバルク東京
比江島慎宇都宮ブレックス
篠山竜青川崎ブレイブサンダース
八村塁(ワシントン・ウィザーズ)
竹内公輔宇都宮ブレックス
渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)
安藤周人名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
竹内譲次アルバルク東京
馬場雄大アルバルク東京
ニック・ファジーカス川崎ブレイブサンダース
田中大貴アルバルク東京
シェーファーアヴィ幸樹滋賀レイクスターズ