2019.09.05

八村塁、“NBA軍団”アメリカとの一戦へ「思いきったプレーができれば」

アメリカとの一戦を前にインタビューに応じた八村 [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月5日21時30分(日本時間)から中国の上海で行われるアメリカ代表(FIBAランキング1位)との「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第3戦を前に、日本代表(FIBAランキング48位)の八村塁(ワシントン・ウィザーズ)がインタビューに応じた。

 アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)やジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)など多くのスーパースターが不在の中、ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)やクリス・ミドルトン(ミルウォーキー・バックス)を中心にチェコ代表(同24位)、トルコ代表(同17位)を下して、すでに2次ラウンド進出を決めているアメリカ。八村は「あれだけのレベルの選手と試合をするというのは滅多にない機会なので、チームメートも楽しみにしていて」と明かし、「個人的にも5年前のU17W杯(U17世界選手権)での対戦を思い出しますし、そういった意味では非常に意義深い試合になると思います」と述べた。

 日本は2連敗で順位決定戦に進むことが決まっているが、試合をこなすことで「チームとしても少しずつ感覚をつかんでいるのではないかと思います」。そして、“NBA軍団”との一戦に向け「アメリカ戦でも思いきったプレーができるといいなと思います」とコメントした。

アメリカとの一戦を自身だけでなく、チームメイトも楽しみにしていると語った八村