2019.09.07

W杯初得点を挙げた安藤周人「やっと入ってくれて少しホッとしています」

「やっと決められました」と話した安藤 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月7日、中国にて「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」17-32位決定戦が行われ、日本代表(FIBAランキング48位)はニュージーランド(同38位)に最終スコア81-111で敗れた。

 安藤周人名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)は出場したトルコ戦、アメリカ戦で放ったシュートすべてリングに嫌われ、ここまで無得点。それでも、この試合では第1クォーター残り5分18秒からコートに立ち、前半から3ポイントシュートを3本放つなど、積極性を見せていた。そして第4クォーター残り1分36秒に、ワールドカップで初得点となる3ポイントシュートを沈めた。

 安藤は試合後、この場面を振り返り「やっと決められました。今日は打ちきろうと思っていました」と、くすぶっていた思いを明かし、続けて「試合中、1本打ちきれない場面があり、そこはエルマン(・マンドーレ)コーチからも指摘されました。そこを踏まえても、今日は自分のタイミングでしっかり打ちきることはできていたので、とりあえずやっと入ってくれて少しホッとしています」と素直な気持ちを明かした。

 しかし、試合としては30点差の大敗。安藤は「ミーティングでも抑えるべきポイントを指示されているにも関わらず、そこを止めきれなかったのが敗因にもなっています。ニュージーランドは速い展開の中で、90点以上を獲ってくるチームに対して、同じスピード勝負を挑んでも勝てないと思うので、いかにそこを止めるかが今日のキーポイントでした。そこを止めきれず、自分たちの弱さが出たと思う」と敗因を振り返った。