2019.09.10

世界との実力差を痛感した竹内譲次「Bリーグ勢が追いついていない」

大会を5戦全敗で終え、「3人に依存しすぎてしまった」と明かした竹内譲次 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月9日に中国の東莞で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の17-32位順位決定ラウンドが行われ、グループOでは日本代表(FIBAランキング48位)がモンテネグロ代表(同28位)を相手に65-80で敗れた。

 ベテランの竹内譲次アルバルク東京)は試合後、5戦全敗を喫したことについて「日本もレベルアップしているが、世界全体のレベルもアップしている」とコメント。「今大会はチャンスがあると思い、チーム全体で臨んだんですけど、自分たちが思っていた以上に世界との実力差があった」とも振り返った。

 また、「3人に依存しすぎてしまった」と、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)、渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)、ニック・ファジーカス川崎ブレイブサンダース)の“ビッグ3”についても言及。竹内自身は1試合平均18.4分のプレータイムがありながらも同3.2得点2.4リバウンドと不完全燃焼に終わり、「やはりBリーグ勢のメンバーが彼らに追いついていない。同じレベルにならなければいけないと痛感した」と語った。