2020.02.24

チャイニーズ・タイペイ戦で主将を務める竹内譲次「代表チームとしての在り方を見せる」

富樫とともにチャイニーズ・タイペイ戦でキャプションを務める竹内[写真]=小永吉陽子
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月23日、「FIBAアジアカップ2021予選Window1」のチャイニーズ・タイペイ戦を翌日に控える日本代表の選手たちがメディアの取材に応じた。

 富樫勇樹ともにキャプテンを任せられた竹内譲次は、今回の試合の目標について「勝利を目指すのは当たり前だけど、代表チームとしての戦術やスピリットを忘れてはならない」とコメント。日本代表としての活動が久々になることを懸念点として挙げ、「この試合の目標として、代表チームとしての在り方を思い出すことも一番にあると思います」と話した。

 八村塁渡邊雄太馬場雄大ら海外組不在の中迎えるチャイニーズ・タイペイ戦。竹内は「コーチが選んだ今いるベストメンバーで、代表チームとしての在り方を見せなければいけない」と強い責任感をにじませた。

 また、日本代表に新たに加わったライアン・ロシターについては「運動量があって、コートを広く使って走ることができる。Bリーグの中でも対戦していてすごく疲れる相手」と称賛。コンビネーションにも一定の手応えを感じているようで、「ニックとはまた違う形が見せられるんじゃないかと思う。お互いの良さを引き出したい」と話した。