2020.03.26

東京五輪延期を前向きに捉える富樫勇樹…「よりベストな自分でオリンピックを迎えられるかもしれない」

2月に日本代表復帰を果たした富樫[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 今年の7月24日から開催予定だった東京オリンピック。だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国際オリンピック委員会(IOC)は、日本時間の3月24日、IOCのトーマス・バッハ会長と安倍晋三内閣総理大臣とで合意した“1年程度の延期”を臨時理事会で承認した。

 これを受け、千葉ジェッツ富樫勇樹のコメントを発表した。コメントは以下のとおり。

「まず、中止じゃなく安心しています。今の世界の状況を考えると安全に楽しくスポーツをプレーする、観戦するのは難しく、オリンピック延期は覚悟していました。ただ、延期になったことは僕にとってはプラスになる可能性もあります。2020年夏を目標にここ数年今まで以上に高い意識で練習に取り組んできましたが、期間がプラスされることでよりベストな自分でオリンピックを迎えられるかもしれないからです」

「このような世界を震撼させる出来事をみんなで乗り越え、その後に開催されるオリンピックは今まで以上に興奮や感動を与えられるオリンピックになると信じています」