2020.11.21

日本代表合宿参加中の金丸晃輔…「ライバルには負けたくない。シューターとしての役割を果たしたい」

日本代表の合宿に参加中の金丸晃輔がメディア対応を行った [写真]=JBA
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月18日から26日にかけて、味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を行っている男子日本代表。合宿4日目の午前練習が終わった後に、合宿に参加している金丸晃輔がオンラインでメディア対応を行った。

 金丸は「こうして久々に(代表)メンバーと集まれて、(フリオ)ラマスヘッドコーチの下、新しいシステムやそれ以外のことを学べると思うとワクワクします。そして(代表合宿を)開催してもらったことに感謝しています」とここまでの合宿についての感想を述べた。前回の2月の合宿では久しぶりに参加したこともあり戸惑ったこともあったというが、「今回は慣れもあり、バランスの取り方などは理解しているつもりです」と笑顔を見せた。

 とはいえ、所属するシーホース三河では金丸を中心にオフェンスシステムが組まれているが、代表では「ピック&ロールからオフェスが始まることが多く、そこにディフェンスがヘルプに寄った時、キックアウトでシューターにパスが来るので優先順位が高いわけではありません」とシステムの違いについて金丸は語る。

 ただ、「それだけにノーマークで打てる印象です」と話、「だからこそ同じポジションの選手には負けたくないという気持ちもあります。シューターとしての役割を果たしたい」と意気込みを見せた。

 昨シーズンに比べてシュートが打てているのではないかと質問が及ぶと、「昨シーズンは迷う場面もありました。でも今シーズンはパスやドライブをするなら打ち切ろうと思っています」と回答。「シュートの試投数は増えています。シューターとして迷ってはダメ。まず打つことから始めて、そしてシュートを決める。迷う場面もありますが、打つことを前提にしているので、順調に来ていると思います」と、ここまでのプレーを振り返った。

 金丸がこの合宿で楽しみにしているのは「ラマスHCからいろいろとアドバイスをもらえること」だという。長年、世界の舞台で戦ってきた経験を持つ指揮官から「シューターとしての動きやスクリーンの作り方などを教えてもらいたいと思っています」と意欲を見せた。

 そして、「僕に求められているのは3ポイントシュートですが、自分がどこにいるのかでスペーシングを広げることができます。練習中にもコーナーまで行くように指示されていますが、こうしてドライブで飛び込んでいけるスペースができるのでドライブが生きてくる。その辺を理解して、動きを徹底させたい」と、最後は引き締まった表情で自身の役割を語ってくれた。