2021.11.27

A代表デビュー戦で攻防に奮闘した西田優大「明日に向けてステップアップしていきたい」

チームハイの11得点をマークした西田優大 [写真]=伊藤 大允
スポーツライター。前英字紙ジャパンタイムズスポーツ記者。Bリーグ、男女日本代表を主にカバーし、2006年世界選手権、20219ワールドカップ等国際大会、また米NCAAトーナメントも取材。他競技ではWBCやNFLスーパーボウル等の国際大会の取材経験もある。

A代表デビュー戦で持ち味を発揮

 トム・ホーバスヘッドコーチが男子代表を率いての初の公式戦、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window1の中国が11月27日、ゼビオアリーナ仙台で行われた。

 FIBAワールドカップ2023は日本・フィリピン・インドネシアの共同開催ということで、すでに出場権を獲得している日本に対して、大方フルメンバーで臨んできた本気度の高い中国。終始ペースをつかむことに苦心した日本だったが、その中で西田優大シーホース三河)が3ポイントシュートを3本沈めるなどでチームハイの11得点と躍動。

 ホーバスHCの初陣でチームはなかなか自分たちのリズムに乗り切ることはできなかったものの「晴れての」A代表代表デビューでインパクトを残したと言えるだろう。

 西田がコートに送り出されたのは第1クォーター残り5分ほどの場面。チームが中国の高さとインサイドの強さに押されて続得点を許し、攻撃面でもなかなか自分たちの形を作ることができない中での出番だった。

 Bリーグでは新潟アルビレックスBBから今季シーホース三河に移籍した西田。アウトサイドでのエース的存在として平均得点(12.1点)など数字を伸ばし、リーグ屈指のSGへと成長しつつある22歳はしかし、アカツキファイブのジャージーを着ても気負うことなく、できることに集中した。

 第1クォーターの終盤、PG斎藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)からキックアウトパスをウィングの位置で受けた西田は、逡巡することなくシュート。この試合、チーム初の3ポイントシュートを決める。続く第2クォーターの開始直後にもコーナーから3ポイントを沈め、新型コロナウイルス対策で応援に制限のある観客の口から「おぉ」という声を出させた。

 第3クォーター中盤にも再度、3ポイントでネットを揺らした。得点効率を重視する、いわゆる”アナレティック・バスケットボール”を推し進めるホーバスHCのチームにおいて、3ポイントをどれだけ決められるかが今後の男子日本代表飛躍のカギを握ると思われるが、この日、3ポイントを複数本決めたのは西田だけだった。

ディフェンスやアシストでも存在感を示したオールラウンダー

西田はオールラウンダーとしての期待も高い [写真]=伊藤 大允

 今季、三河での28.3パーセントという3ポイント成功率は、SGというポジションを考えれば低いと言わざるをえない。そのなかで「空いたら打つ」(西田)という司令官がチームに対して強調した指示を、忠実に実行してみせた。

 一方、上記のクラブでの3ポイントの成功率でもわかるように、西田は単なるシューターではない。今ウィンドウへ向けての合宿中、ホーバスHCは手持ちの代表候補には多くのオールラウンダーがいると述べたが、西田もその一人。

 彼には3ポイントだけでなく、早い展開からのドライブインや身体の強さを生かしたディフェンス面での貢献も求められる。この日はチームで2番目となる3アシストを記録していることからも、技量の高さがうかがえる。

「今日は3ポイントとアグレッシブなディフェンスという部分で(自分の役割を)体現できたかなとは思う」と試合後、自身のパフォーマンスを振り返った西田。しかし「まだファストブレークのところでレイアップを外すなど、少し判断が悪いところもあったので、そこは明日に向けてステップアップしていきたい」と、まだまだ多い修正点について気を引き締めた。

 この1試合だけの活躍を、手放しで喜ぶはずもない。東海大学在学時からフリオ・ラマス前HCから代表候補合宿に招集されてきたが、そこからの”最終ハードル”をなかなか超えられなかった。高校から名門と呼ばれる学校へ行きアンダーカテゴリーの代表チームにも、幾度も選ばれてきた男だが、A代表という壁だけは厚かった。

 それだけに、危機感は強いはずだ。土曜日の試合でも、自身のレイアップでもっと身体を当てながらアタックする意識で行けばよかった、と反省した。

「ファストブレークのフィニッシュのところで少し逃げてしまったというか、もう少し身体を当ててフィニッシュに行けていれば最悪ファールがもらえてたと思うので、明日は逃げるのではなくひるまずに行きたいです」(西田)

 雌伏の時を経て得た機会。伸びしろの多い若きオールラウンダー・西田は、敗戦の中から確実に自身のやるべきことをより明確に理解し、自信を深めたはずだ。

文=永塚和志
写真=伊藤 大允

BASKETBALLKING VIDEO