2018.12.22

ウインターカップ2018【大学生の先輩たちに直撃「注目の後輩教えてください」】井手拓実(日本体育大学1年)

国内外のバスケ情報をお届け!

過去にウインターカップを沸かせた選手たちの多くが大学に進学して活躍している。その中から今年のウインターカップに出場するチームの先輩たちに、大学バスケで感じたこと、そしてウインターカップで期待する後輩について話を聞いた。3人目は福岡第一高校出身の井手拓実(日本体育大学1年)だ。

――大学バスケと高校バスケの違いは?
井手
 最初はフィジカルの面で苦労しました。今シーズンは体を鍛えられないので、スピードでごまかしながらやっています。来年は兄(井手 優希選手 日本体育大学4年)も抜けて自分が主力になるのでしっかり体を作って1部でもやっていけるようにしたいです。

――来年から臨む関東1部にどんなイメージを持っているか?
井手
 2部のチームとくらべてサイズもあって技術もあると感じています。

――対戦が楽しみな選手は?
井手
 自分はポイントガードなので1部のチームはポイントガードでも大きい選手が多いので、全てのチームのポイントガードとマッチアップするのが楽しみです。

――今後の目標は?
井手
 来年、再来年と日本一を狙っていきたいと思います。

――母校・福岡第一高校の注目の選手は?
井手
 キャプテンの松崎裕樹選手です。

――松崎選手はどんな選手ですか?
井手
 サイズがあるにも関わらずスピードもあって外からも打ててオールラウンダーな選手です。

――普段はどんな選手?
井手
 プライベートはちゃらけていて、バスケをしている時とは真逆な一面があります。

――母校へのメッセージをお願いします!
井手
 インターハイで悔しい思いをしていると思うのでウインターカップは応援に行くので、優勝を期待しています、がんばってください!

映像・テキスト制作=CSPark