2020.08.07

2023ワールドカップを見据えた重点強化選手“日本代表Bチーム”にテーブス海や河村勇輝らが選出

テーブス海や河村勇輝ら若手の有望株が名を連ねた[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本バスケットボール協会(JBA)は8月7日、日本とフィリピン、インドネシアとの共同で開催される「FIBAワールドカップ2023」に向けた「FIBAワールドカップ2023重点強化選手」(男子代表Bチーム)日本代表候補選手22名を発表した。

 メンバーには橋本拓哉佐藤卓磨シェーファーアヴィ幸樹、渡邉飛勇といった2020年度の日本代表候補選手にも選ばれている選手に加え、テーブス海赤穂雷太といった昨季特別指定選手としてBリーグで活躍した選手も選ばれた。さらに、西田優大や八村阿蓮、富永啓生、河村勇輝といった現役大学生も多く名を連ねている。なお、最年少は現在18歳でアメリカのIMGアカデミーに所属する田中力となった。

 発表されたFIBAワールドカップ2023重点強化選手は以下の通り。

■FIBAワールドカップ2023重点強化選手
橋本拓哉(SG/大阪)
佐藤卓磨(SF/千葉)
今村佳太(SF/琉球)
小島エリエット海(SF/大阪)
ナナーダニエル弾(PF/C/琉球)
ラシードファラーズ(PF/千葉)
平岩玄(PF/A東京)
増田啓介(SF/川崎)
シェーファーアヴィ幸樹(C/三河)
山本浩太(C/三遠)
アイザイア・マーフィー(SG/広島)
小酒部泰暉(SG/A東京)
テーブス海(PG/宇都宮)
駒水大雅ジャック(SF/大阪)
赤穂雷太(SF/千葉)
渡邉飛勇(PF/カルフォルニア大学デービス校大学院)
西田優大(SG/東海大学)
八村阿蓮(PF/東海大学)
富永啓生(SG/レンジャー大学)
河村勇輝(PG/東海大学)
市川真人(C/白鷗大学)
田中力(PG/IMGアカデミー)
※掲載:氏名(ポジション/所属)