2020.08.21

関東大学バスケットボール連盟がリーグ戦の中止を発表…代替大会の開催を予定

KCBFは代替大会開催を予定しているという。写真は昨年の関東リーグ戦から [写真] =バスケットボールキング
国内外のバスケ情報をお届け!

 関東大学バスケットボール連盟(KCBF)は、20日に臨時理事会を開き、第96回関東大学バスケットボールリーグ戦を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各大学の体育館の使用が困難となったため。

 KCBFはリーグ戦の開催にあたり、①8月15日時点で「緊急事態宣言」が発出されていないこと、②8月15日時点で、大部分の大学でクラブ活動が開始されていること、③1都7県または各大学からの「自粛要請」などを踏まえて判断すること、④国体・天皇杯・インカレなどの開催状況も踏まえて判断すること、⑤リーグ戦期間中に「緊急事態宣言」または「自粛要請」などが発出された場合は、その時点で中止も検討すること、という5つの判断材料を設けていた。

 しかし、リーグ戦の開催に必要となる会場のうち、公共体育館は平日を含め約50日分を確保できたが、各大学の体育館の使用が困難となり、1~5部のリーグ戦を行うのに必要なだけの会場を確保できなかったという。

 なお、KCBFは代替大会の開催を10月10日から12月26日の間に予定しており、詳細は近日中に発表するとしている。