2018.01.01

【新春企画】トヨタ自動車 アンテロープスの大神雄子、2018年の目標は『ALL IS WELL』

国内外のバスケ情報をお届け!

「FIBA女子アジアカップ2017」で3連覇を達成するなど、飛躍を見せた2017年の日本女子バスケットボール界。『バスケットボールキング』では、Wリーグで活躍する選手10名のショートインタビューを実施。トヨタ自動車 アンテロープスの大神雄子に、2017年を振り返り、2018年の抱負を語ってもらった。

――2017年はどんな1年でしたか?
大神 自分にとって本当に一度考えた1年でした。

――現役を続けるかということ?
大神 それは毎年考えていましたが、今年はたくさん悩みました。いろいろな葛藤はありましたけど、前向きな考え方ができたと思います。いつでもネガティブなことは思ってないので。今年で最後と決めてやっているとしても、それも前向きだし、すべてにおいてポジティブです。

――区切りの1年として過ごしてるシーズンはいかがですか?
大神 何にも変わらないですね。周りの皆さんが、いろいろな言葉を掛けてくれることがいつもと違うとこですかね。アメリカに行ってトレーニングして、しっかり準備して、いつもと同じよう挑んでいますので。

――最後の1年だからといって変わるわけでもない?
大神 トレーニングも、食事も自分の中で決めている、ルーティンにのっとってやっています。

――2018年はどんな1年にしたいですか?
大神 自分は戌年なので、私の一回り下の選手がWリーグに出るんですよね。今年の大卒ルーキーはみんな年女じゃないですか。けど、自分の年にしたいなと思います。