2019.01.09

【札幌山の手OG座談会】町田瑠唯×高田汐織×本川紗奈生×長岡萌映子(前編)

長岡、本川、高田、町田(左から)の4人が高校時代の思い出を語り合った
取材歴15年目でミニバス、中学、高校、大学、トップリーグに日本代表と様々なカテゴリーをカバー。現場の“熱”を伝えるべく活動中。

 2018年12月29日に大田区総合体育館にて開催された「Denka presents Wリーグオールスター 2018-19 in TOKYO」。メインイベントとなるWリーグのオールスターゲームには、ファン投票とリーグ推薦、そしてTwitter投票から選ばれた計30名の選手が参加した。その中に、町田瑠唯、高田汐織(ともにEAST/富士通 レッドウェーブ)、本川紗奈生(WEST/シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)、長岡萌映子(WEST/トヨタ自動車 アンテロープス)と、札幌山の手高校出身の4選手が名を連ねた。

 この4人は高校時代、町田、高田、本川が3年生、長岡が2年生の時に3冠(インターハイ、国体、ウインターカップ)獲得を達成している仲間。そんな4人に、前編では高校時代のことを中心に話を聞いた。

インタビュー=田島早苗

――まずは、札幌山の手高校時代を振り返ってください。
長岡 上島さん(正光/コーチ)の下で教わっていて、厳しかったですけど、特に2年生の時は3年生の先輩たちがすごくて、貴重な時間を過ごすことができました。
町田 楽しかったです。バスケットはもちろん、上島さんに教わること、新しいことを学ぶことが多かったし。厳しさより楽しい方が大きかったですね。それと寮生活。よく3人でふざけていました。
高田 今は真面目なバスケの話だから、そっち(寮)は後にしよ(笑)。
本川 私も3年間は楽しくて、1年目はいろいろと慣れるのに必死だったけれど、2年生からは楽しかった記憶しかないです。2年生、3年生となるにつれて、(学年が1つ下の)萌映子も含めてみんながバスケットを理解していった。ファストブレイクからアウトナンバーになった時の“阿吽の呼吸”というか、あの感じは実業団に入った今でもまだ感じられていないぐらい合っていた気がします。どんな時も見てくれるガードがいて、合わせてくれる人がいて、走ってくれる人がいるというのは、あの時の山の手ならではですね。
高田 私も楽しいのが一番だったし、3年生の時に優勝できたことはうれしかったです。3年間、人に恵まれたと思っていて、自分一人ではできなかったというか、先輩にもいっぱい教えてもらったし、もちろん上島さんにも。そして同期が、自分がダメな時には引っ張ってくれて。歳下もちゃんとしていたし。だから自分たちの代で優勝したけれど、自分たちだけの力ではなかったと感じています。

――長岡選手から見てどんな先輩たちでしたか?
長岡 いやー、バスケットIQが高すぎて。私がやることに全部合わせてくれた感じでした。パスに合わせてくれたり。だから、私が3年になったときのギャップが……。
町田高田本川 あー。
長岡 私はゴール下でパスをもらうことしかできなかったけれど、先輩たちはジャストのパスを出してくれたんです。でも、自分が3年生の時も楽しかったし、やりがいを感じていました。先輩たちの優勝を受け継いで自分たちの代でも優勝(国体、ウインターカップ)できたことは良かったです。

日本代表にも名を連ねるオールラウンダーの長岡 [写真]=新井賢一

――逆に3人から見た後輩の長岡選手は?
高田 試合になるとやってくれるし、やれちゃう。責任感がありました。
本川 私は一番かわいがってあげてたと思うけどなぁ。それなのに最近、敬意がないんだよねー。
長岡 ちょっと待って(笑)。
本川 (素っ気ない様子で)「あ、紗奈生さん」みたいな。
長岡 (笑)。でも、本当に紗奈生さんは同じポジションで(アンダーカテゴリーの)日本代表も一緒だったから一番かわいがってもらいました。
町田 私は高校の時はあまり絡んでないよね?
長岡 話をたくさんした記憶ないよ。
町田 ないよね。でも、プレーは合っていたし、頼りにしていました。

――さて、3人が楽しかった寮の話をしますか?
本川 (自宅から通いの長岡を見て)ごめんね、なんか。
長岡 (寮生は)雪かきしているイメージしかない。

――楽しかったことは?
本川 いっぱいある!
町田 何からいきますか(笑)?
高田 (話が終わらなくて)今日、(日付が)回るよ(笑)。
本川 (通学路にある)坂道の話。その坂は雪が積もっている時は一列になって歩かないといけないんですけど、そこで互いに押してコケさせるんです。
高田 坂道だから滑るんですよ。しかも制服でね。
本川 (町田を指しながら)コケたところを見たことがない。
町田 ギリギリまで耐えるもん。

――誰が一番転ぶのですか?
(町田と本川が高田を見る)
町田 しかも転ぶのがいつも水たまりで。
長岡 朝から何してるんですか。
高田 あ、それは帰り道。
本川 ビチョビチョになって、ゲラゲラ笑いながらね。

本川はリオ五輪に出場するなど日本代表としても活躍 [写真]=新井賢一

――雪道の通学はしんどいですね。
町田高田本川 しんどい。
高田 でも、それは寮生じゃなくてもしんどいよね。(長岡を見る)
本川 家、近いよね。
長岡 3キロぐらい。バス一本で帰れるし、歩いても帰れるし。
町田高田本川 車だったよね。※長岡家の車
長岡 はい、車でしたね(笑)。それでも雪は大変でした。
本川 いやいや、私たちは45分の道のりを。
長岡 ほんとそれは申し訳ないです。(通学路にある)あの坂道はえぐいです。
本川 あそこをうちらは、ほふく前進したからね。

――ほふく前進?
高田 一度、雪がすごく降った時に、いつもは道が見えるんですけど見えなくて。
本川 練習が終わった後だから積もっていたんだよね。
高田 どうやって帰ろうかと。
町田 最初、普通に歩いてみたんだよね。でも雪が腰まであったから。それで無理じゃん、じゃあ、ほふく前進しようって。
高田 あれはすごかったけど、面白かった。
本川 面白かった。
町田 うん、面白かった。そうやって全部を楽しんでいたよね。
長岡 確かに、同級生の寮生たちも(寮生活が)すごく楽しそうだった。
町田 あとは、1年生の時に紗奈生の部屋でのトランプゲーム。リビングに近い部屋で、リビングにはテレビもあるから3年生たちがいて。笑いながら部屋で遊んでいたら、3年生が「うるさいよ」と。それで「やばい、どうしよう」となったけど、ガムテープを口に張りながら続けて。でも、結局は笑いすぎてガムテープがはがれて、それでまた焦って(笑)。
長岡 そこまでしてやりたかったんだ(笑)。
本川 そんな大きな声だったかな? 私は汐織の部屋のカメムシを割りばしで10~20匹ぐらい拾った思い出がある。
高田 私が虫がダメだから、「虫!」って叫んでね。
長岡 そんないっぱいいるんですか?
高田 一度じゃないよ。それと先輩の部屋から「虫!」って聞こえたら、走っていくんだけど、それをやってくれたのは2人(本川と町田を指す)。私は1回もやっていない(笑)
本川 ゲジゲジの虫もいたよね。
町田 瑠唯の歯磨き粉の中にもいたし~。
長岡 あんなキレイな寮にそんなに虫がいたんですね。
高田 寮が山の方にあって、周りに木も多かったから。
町田 寮自体はキレイだよ。
本川 あれは虫が住み着いていたね、きっと。

富士通では町田とチームメートの高田 [写真]=新井賢一

――雪かきの思い出は?
町田 朝と夜にやります。
本川 嫌だったー。だって眠たいんだもん。
町田 やってもやっても積もるからね。
本川 天気予報を見て、明日は積もるなと思ったら朝6時には起きてみんなでやる。
高田 朝ご飯を食べている間にも積もっちゃうから、登校前にまたやって。歩きの人は間に合わないから途中で、「いいよ、行って」って。
町田 「お願いします!」って言って走ってね。

――そこで脚力が鍛えられたんですね。
高田 それはあると思います。
本川 練習で雑巾がけもやったよね。
町田 3往復だっけ? 練習前に裸足になって。姿勢も決まっていたよね。
高田 お尻が浮いちゃダメとかね。
町田 「ここのレーンいいよ、滑るよ」とか言って。
長岡 言ってた、言ってた。

――話は尽きないですね。3冠獲得から8年経っても、あの時の印象が強く残っているファンは多いと思います。
町田 うれしいね。
本川 アイドルじゃん(笑)。あ、アイドルと言えば、瑠唯と汐織のジャニーズもあった!
高田 その話ね。3人で札幌駅の方に行った時に、うちら2人の髪が短かったから、「あれ、ジャニーズじゃね」って知らない人に言われたんです。
本川 それじゃなくても、歩いてると「あ!」とか「サインください」とか言われなかった?
町田 山の手だからね。
高田 山の手ってやっぱり目立つよね。

――長岡選手も声掛けられたのでは?
長岡 ないです。
本川 うそでしょ。
町田 あんまり、(札幌駅付近に)いないだべさ。
長岡 そう。まず札幌駅にいないんだと思う。

リーグを代表する選手の一人でもある町田 [写真]=新井賢一

後編はこちら