2019.02.17

デンソー、JX-ENEOSとの準決勝へ…東京羽田はリードを守りきれず

セミファイナルへ駒を進めたデンソー [写真]=田島早苗
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月17日、秋田県立体育館にてWリーグのプレーオフクォーターファイナルが開催。第1試合ではレギュラーシーズン4位のデンソー アイリスが、初戦で富士通 レッドウェーブを破った東京羽田ヴィッキーズと対戦した。

 第1クォーターは開始から点の取り合いとなったが、終盤に硬いディフェンスを見せ20-17で最初の10分間を終える。第2クォーターに入ると、ジワジワと追いあげられる展開が続き、終盤に逆転され33-35で試合を折り返した。

 後半も再びシーソーゲームとなったが、第3クォーターを20-16として1点のリードを奪った。最後の10分間は残り約5分で60-64とリードを許す苦しい展開。しかし、ここから得点を許さず9点を奪い再度逆転に成功する。最後までこのリードを守りきり、最終スコア69-66で勝利。JX-ENEOS サンフラワーズとのセミファイナルへの進出を決めた。

【試合結果】
デンソー アイリス 69-66 東京羽田ヴィッキーズ(@秋田県立体育館)
デン|20|13|20|16|=69
羽田|17|18|16|15|=66