2019.12.03

7日の東京羽田vs日立ハイテク、パラチアとプロチアによる合同ハーフタイムショー実施

国内外のバスケ情報をお届け!

 12月7日に港区スポーツセンターで行われる東京羽田ヴィッキーズvs日立ハイテク クーガーズの一戦で、ハーフタイムショーとしてパラチアとプロチアによる合同パフォーマンスが披露される。

「命の大切さ」、「最後まであきらめない」、「夢」、「感謝の気持ちをもつこと」の大切さを伝え、障がい者と健常者の心のバリアフリーをテーマに実施。10年以上にわたりパラリンピック選手を支援してきた特定非営利活動法人「Happy Japan Project」主導の下、パラチアの普及並びに2028年ロスパラリンピック出場を目指す特定非営利活動法人「Spitzen Performance」のパラチアチーム(3から5名程度)と、チアリーディングの普及と競技力の向上を努める一般社団法人プロフェッショナルチアリーディング協会のチアリーダー(10名程度)、そしてヴィッキーズチア(プラチナムチアリーダーズ)による合同ハーフタイムショーが実現する。