2020.09.11

【Wリーグ開幕特集/注目選手】東京羽田ヴィッキーズ・鷹のはし公歌「2年目よりも成長した姿を見てもらいたい」

愛知学泉大学出身で一昨シーズンは新人王を獲得した鷹のはし公歌
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第16回は東京羽田ヴィッキーズ(昨シーズン・レギュラーシーズン8位)から鷹のはし公歌。1年目から主軸を担い、ドライブに外角シュートにと多彩な攻撃を見せる若きポイントゲッターだ。3シーズン目を迎えた今シーズンは、チームの目標であるベスト4入りを目指す。

――自身2シーズン目となった昨シーズンはいかがでしたか? 一昨シーズンに新人王を取って迎えたシーズンでもありました。
鷹のはし 前のシーズンで新人王をいただいたこともあり、その賞を汚さないようにという責任感やプレッシャーを感じていました。ただ、そこで気負わずに自分にできることや思い切りの良さを持ったプレー、気楽にやることを意識して臨むようにはしていました。

――それを踏まえて個人の出来はいかがでしたか?
鷹のはし シーズン途中からスタートになったことで、チームの代表として責任感を持ってコートに立つということがそれまでとは違ってきました。その面ではしっかり責任感を持って仕事をすることができたのかなと思います。

――1年目と比べて手応えがあったところは?
鷹のはし チームが苦しい時に3ポイントシュートなどチームに勢いをもたらすプレーが少しはできたかなと思います。

――2シーズンを戦い、これはWリーグで通用するなと感じているプレーはありますか?
鷹のはし 3ポイントシュートに関しては、通用しているかは分かりませんが、私の中で武器になっているし、自信にもなっています。ただ、それだけでは抑えられてしまうし、相手にとっては守りやすい選手になってしまうので、3ポイントシュートを軸にしながら、ドライブやアシストなどプレーの幅を広げることを今シーズンは強化していきたいと思っています。

――体育館が使えなかったオフシーズンはどのようなトレーニングをしていましたか?
鷹のはし 短期間ではありましたが、実家に帰れました。実家は田舎なので(笑)、山の中を走って。人に会うことがなかったのでちょうど良かったです(笑)

――新型コロナウイルス感染症の影響で練習ができない時期などバスケットボールに対する考え方は変わりましたか?
鷹のはし 長い間、体育館に行くことも外に出ることもできず、ずっと家の中にいる生活だったので、早くバスケットがしたいなという気持ちは強くなりました。

 練習が再開されてからもチーム練習は基礎練習を中心に行ってきました。基礎は一番大事になってくるので、そこを大切にきっちりやりながらここまで取り組んできました。

――話は変わって、東京羽田ヴィッキーズはコート外の活動も多いです。
鷹のはし 地域密着型で、多くの方が温かくてサポートしてくださいます。お店など応援していただいている方たちのところに顔を出したりするのは、私自身はすごく楽しいです。応援してくれる方が身近にいるということは本当にありがたいことだと思いますし、勝って恩返しをしたいといつも思っています。

――では最後に鷹のはし選手にとっては3シーズン目となる今シーズンに向けて抱負をお願いします。
鷹のはし 3年目になるので、自分のことだけではなく、チームのことにも気にかけて、1年目、2年目よりも成長した姿をファンの方に見てもらえるように頑張りたいです。

 今シーズンはチームの目標である『ベスト4』に、絶対に入れるように。チーム一丸となって頑張っていきたいです。

オフェンスだけでなく体を張ったディフェンスも披露[写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る