2020.09.12

【Wリーグ開幕特集/注目選手】日立ハイテククーガーズ・谷村里佳「新しい環境でもできる自分を見せたい」

新天地での飛躍を誓った谷村里佳
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第18回は日立ハイテククーガーズ(昨シーズン・レギュラーシーズン9位)に今シーズンより移籍した谷村里佳。日本代表候補にも名を連ねるセンターが心機一転、新たなシーズンに挑む。

——移籍を決意したきっかけを教えて下さい。
谷村 シャンソン化粧品シャンソンVマジックに入団してから4年間教えていただいた丁海鎰ヘッドコーチの退任が決まり、このタイミングでもう一度新しい環境でチャレンジしてみたいなと思い、決断しました。丁ヘッドコーチには、本当に1試合で5分ぐらいしか使えないような頃から育ててもらったので誰よりも信頼していました。

——新天地として日立ハイテクを選んだ理由は?
谷村 内海(知秀)ヘッドコーチと話をさせていただいて、環境やプレースタイルが合っていると感じました。丁さんとはまたタイプが違いますが、内海さんは練習メニューごとに『ここが大事なところ』というのを教えてくれるので、意識することがハッキリしているというか、やっていて分かりやすいです。

——初めての移籍で戸惑いはありませんか?
谷村 連携面でまわりとまだ合わないところがあるのは仕方ないことかなと。内海さんが私に求めていることは分かっているので、まずそのやらなくてはいけないことをやろうと思っています。

 もっと知りたいなと思ったら、直接内海さんにどこが足りないのかを聞いたりもしていて。まずはそれをしっかり身に付けて、そのあとにまわりとの合わせだと思っています。

——インサイドでの役割も期待値は大きいと思います。
谷村 これまで対戦相手として見てきたハイテクは、3ポイントシュートが多いという印象でした。そこに私が入ったらインサイドのポイントも増えてくると思いますし、そうなるようにしっかりやりたいと思います。それはある意味、私にとってチャンスでもあるので。

——新天地ではありますが、日立ハイテクの所在地・茨城県は谷村選手の地元でもあります。
谷村 茨城のテレビ局の番組で私が写ると、中学校の友達や親が連絡をくれるので、そういった時に茨城に帰ってきたんだなと感じます。

――ご家族は近くにいてうれしいのではないですか?
谷村 そうかもしれません。高校も福岡の学校でしたし、これまでは実家から遠かったのが、今は1時間かからないで帰れるので。

——今年5月、筑波大学の同級生・藤岡麻菜美さん(ENEOSサンフラワーズ)が現役を引退しました。
谷村 私はいつも追っていた側でした。「一緒に代表に入ろうよ」と大学生のときから声をかけてくれて、先に本人が入っていて、私もやっと追いついて一緒に東京オリンピックへ、という時だったので……。

 でも本人の気持ちが一番。私は今バスケットを、やりたいことをやりたいと思って、やれている。そう思えることも簡単なことではないんだなと感じました。

 あれだけの選手が辞める。だからこそ今バスケットができている私は頑張らなくてはいけないと思います。私のためにもそうですし、藤岡のためにも。恩返しみたいなもので、本当に大学生の時からお世話になっているので……。

 それと、どこかでまた一緒にできたらなという気持ちもあります。「待ってるよ」ぐらいの「頑張るよ」って感じで。いつか一緒にやれるだろうと信じています。

——最後に、移籍1年目の意気込みを聞かせてください。
谷村 まずは新しいチームでも自分のプレー、リング下や3ポイントシュートといった前のチームからやってきたことをしっかりと出すこと。その中で勝利という結果を残すことにもこだわっていきたいです。

 求められて来た以上、自分のプレーを発揮しないといけません。自分のためにもチームのためにも、やるべきことをやってチームが勝てるように頑張りたいです。東京オリンピックは延期になってしまいましたが、やっぱり私は日本代表に入りたいという気持ちがあるので、そのためにこの1年、新しい環境でもできる自分を見せていきたいです。

高さと強さ、テクニックを備えるセンター[写真]=バスケットボールキング編集部

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る