2020.09.14

【Wリーグ開幕特集/注目選手】山梨クィーンビーズ・水野菜穂「スポーツを通して世間を明るくしたい」

チームを明るく照らすキャプテンの水野菜穂
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第19回は山梨クィーンビーズ(昨シーズン・レギュラーシーズン10位)から水野菜穂。抜群のリーダーシップを持ち、今シーズンはキャプテンを務める。

――昨シーズンを振り返って、チームとしてはどのようなシーズンでしたでしょうか?
水野 昨シーズンは開幕戦の相手が、その前のシーズンに悔しい負け方をしていた東京羽田(ヴィッキーズ)だったので、開幕前からチームとしてもすごく熱が入っていました。絶対に勝ちたいという気持ちで練習に臨んでいたので、それが開幕戦の勝利につながったのだと思います。

そこからは接戦に競り負けてしまう試合が続くこともありましたが、チームとしては目指しているバスケットができていて、終盤にはプレーオフ進出も目指せるという上り調子の中にありました。それだけに(新型コロナウイルス感染症の影響で)シーズンが中止となってしまったのは、かなり悔しかったです。

――上り調子の中で感じた手応えは?
水野 ディフェンス面では、オフボールのディフェンスを徹底してやるというチームの約束事が浸透して、機能し始めたと感じました。オフェンス面でも、高さがない分走って、相手を動かして攻める、ということはできていたと思います。

――伊與田好彦ヘッドコーチのバスケットが浸透してきているようにも感じました。
水野 そうですね。一昨シーズンは、シーズンの途中から伊與田さんに見てもらうことになったので、試行錯誤の中にありました。けれど昨シーズンはシーズン前から伊與田さんが見ていて、チームとして徹底するべきことなどが練習からはっきり分かった上で臨むことができました。試合の中でも良し悪しが判断しやすくなって、その分、修正もしやすかったです。そういう面でも伊與田さんのバスケットが浸透してきたなと感じます。

――個人的にはどのようなシーズンでしたか?
水野 私はこれまで得点についてあまり意識していませんでした。ただ、点を取ることは大事だなと思い、昨シーズンは自分から得点を取りに行くことを意識して臨んだシーズンでした。そこに関しては少しクリアできたのかなと思います。

――昨シーズンは1試合平均10.62得点を記録しました。今シーズンはさらに得点面を伸ばすことが目標ですか?
水野 昨シーズンは、ミスマッチが生まれた時にポストで強く面を取って得点を取ることが多かったです。だから今シーズンはそこを守られてしまうとなかなか得点が取れなくなってしまうと思います。でも、インサイドで守られてしまったら、その分、外から得点を狙いやすくなると思うので、今シーズンはドライブからの得点や3ポイントシュートの精度を磨いていきたいです。

――オフシーズンには新型コロナウイルス感染症の影響で自粛期間がありましたが、水野選手は「#WリーグRSを振り返る」企画など、SNSでも積極的な発信を行っていました。
水野 リーグ戦が終わってしまったことはすごく残念でした。まわりの方たちからも「残念だったね」と声をかけてくださっていたのですが、そこで寂しい思いをしているのは私たちだけではないなと感じて。私たちが明るくすることで、ファンの方々も明るくなれるのではないか、私たちが発信することで、バスケット以外のことでもまわりを明るくできたらいいなと思ってやりました。

――発信するのは好きなタイプですか?
水野 割と好きです。うちのチームはファンの方との距離が近いということもあって、発信に対して反応がすぐ返ってくるので、それも好きな理由です。

――それでは最後に、今シーズンの抱負をお願いします。
水野 まだまだ新型コロナウイルス感染症の影響で暗い空気になりがちだと思いますが、スポーツを通して明るくできたらいいなと思っています。私たちが目指すのはプレーオフ出場。昨シーズンそれを果たせなかった分、今シーズンはそこを目指して、さらに成長していきたいと思います。

攻撃力に磨きをかける水野[写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る