2020.09.15

【Wリーグ開幕特集/注目選手】アイシン・エィ・ダブリュウィングス・宮下希保「3ポイントシュートを重点的に取り組んできました」

日本代表としても経験を重ねている宮下希保
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第21回はアイシン・エィ・ダブリュウィングス(昨シーズン・レギュラーシーズン11位)のエースである宮下希保。強さと上手さを併せ持つポイントゲッターは今シーズンも大暴れする⁉

――昨シーズンはチームとしてなかなか調子が上がらず、苦しんだようにも感じました。
宮下 序盤はチームとしても調子が良くなかったのですが、戦っていく内に「ここから!」という雰囲気になっていきました。でも、その頃に(新型コロナウイルス感染症の影響で)リーグが中断となってしまったので…。個人的にも日本代表で経験してきたことをチームで出し切る前に終わってしまったので、とても悔しかったです。

――日本代表活動がリーグ戦の間にあり、今までにない忙しさだったと思います。
宮下 (スケジュール的には)大変でしたが、日本代表活動では刺激をもらえるので、日本代表の合宿からチームに戻った時にも「このままじゃダメだ」と思うことができて頑張れました。大変ではありましたが、日本代表を経験できて良かったです。

――日本代表活動では何に一番刺激を受けましたか?
宮下 チーム(アイシン・エィ・ダブリュ)にいる時はできることが多いのですが、逆に日本代表だとできないことの方が多かったですね。

 チームだけでプレーしていたらそれで満足していたかもしれないけれど、日本代表を経験したことで「このままではいけない」「もっと練習しないといけない」というところが見えてきて。そこが一番私の中では大きかったです。

――日本代表では同級生の赤穂ひまわり選手(デンソーアイリス)からも刺激を受けることが多かったのでは?
宮下 ヒマ(赤穂ひまわり)は日本代表でも先発で試合にも出ているので私も頑張らないといけないなと、同い年だからこそ余計に思いますね。

――チームと日本代表とでは役割も違ってきますよね。
宮下 チームではいろんなことをやっていていますが、日本代表では「シュートを打つ」「ドライブする」「(シュートが)無理ならボールを返す」など、すべてを自分自身がやるわけではないので集中できます。反面、プレーの一つひとつの判断が遅かったとも感じられ、そこは反省点です。

 チームではボールを持ったら強引にでも私が何かアクションを起こさないといけない。だから判断がそこまで早くなくても良かったのですが、日本代表ではボールをもらった時の判断の早さが必要で、そこが課題だと感じました。

――梅木千夏選手が昨シーズンはルーキーながらチームの戦力として活躍しました。
宮下 チームを強くするために若手がどんどん下から盛り上げてくれるのは、すごくありがたいし刺激になっています。

――今シーズンから小川忠晴ヘッドコーチ、そしてテクニカルアドバイザーには先シーズンまでシーホース三河でプレーしていた桜木ジェイアール氏が就任。新たに変わる中で個人的にレベルアップを図ってきたプレーはありますか?
宮下 ベルギーでの試合(「FIBA 東京2020オリンピック予選大会」)の時に3ポイントシュートが全然ダメでした。Wリーグでも確率は低かったので、とりあえず3ポイントシュートをひたすら打って、リーグでしっかり決められるようにと思って取り組みました。それは日本代表にもつながることだと思うので重点的にやっています。

――最後に、今年のアイシン・エィ・ダブリュのここを見てほしい!と言うものを教えてください。
宮下 今までは少しコミュニケーションが足りなかったのかなと思っています。もともと仲は良いのですが、試合になるとバラバラになってしまうところがあったので、今年はチームワークを大事にして、ベンチでもコートでもみんなが元気一杯にプレーしているところを見てほしいと思います。

オールラウンドな動きから得点を量産する宮下 [写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る