2020.09.15

【Wリーグ開幕特集/注目選手】アイシン・エィ・ダブリュウィングス・梅木千夏「シーズンに向けて取り組んだのはアシストやスペーシング」

2年目を「進化」のシーズンと捉える梅木千夏
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第22回はアイシン・エィ・ダブリュウィングス(昨シーズンのレギュラーシーズン11位)の梅木千夏。ルーキーながら昨シーズンは3ポイントシュートの女王に輝いた得点力あるガードだ。

——Wリーグ1年目となった昨シーズンの感想を教えてください。
梅木 高校とはまったく違うレベルで最初は驚きました。不安も大きくて自分らしいプレーがあまりできなかったのですが、チームメイトの先輩たちが「思いっきりフレッシュにやるのがチームのためだよ」と言ってくれたので、それで吹っ切れて。思い切ってやることが自分の仕事だと思ってからは、シュートもドライブも迷いなくプレーすることができました。本当にすごく良い経験ができた1年でした。

——レベルの違いに驚いたとのことですが、何に一番驚きましたか?
梅木 パワーです。私はスピードを武器にしているのですが、スピードで行ってもパワーで最後のシュートまでいけない。シュートのためにステップを踏み込むことができなくてチェックされてしまうということもあったので、そこは一番ビックリしました。

——とはいえ、3ポイントシュートの成功率でルーキーながらタイトルを受賞しました。
梅木 3ポイントシュートを狙いにいったというよりは、ドライブに行きたかったけれど、ディフェンスが下がっていて、(スペースが)空いていたから打ったら入ったみたいな感じでした。3ポイントシュートを武器にしているわけではなく、打ったら入ったので流れに乗れたというか。ただ、3ポイントシュートのタイトルを取れたおかげで、新しい武器を見つけられたかなと自信になりました。

——並み居るシューターたちの中で成功率1位。結果を見た時は驚きましたか?
梅木 ビックリしました。途中経過を見た時に「おお、1位や」ってなりましたけど、宮澤さん(夕貴/ENEOSサンフラワーズ)や三好さん(南穂/トヨタ自動車アンテロープス)たちに抜かれるのも時間の問題だと思っていたので。でも先輩たちが「思いっ切り打ちな」と言ってくれたので、その環境が一番大きかったと思います。

——新型コロナウイルス感染症の影響で練習ができない時期にバスケットについてどんなことをしていましたか?
梅木 私は小さいから勢いとか技術だけでは勝てないと思っています。オフシーズンは、町田さん(瑠唯/富士通レッドウェーブ)や本橋さん(菜子/東京羽田ヴィッキーズ)など、私と同じくらいの身長でも世界で戦っている先輩たちのビデオを見て勉強することが多かったです。

——個人的に取り組んできたプレーはありますか?
梅木 3ポイントシュートだけでなく、町田さんみたいにドライブからアシストをすること。それと今シーズンのチームは、スペーシングがメインのスタイルなので、オフボールの動きも。ボールがない時にいかに動いてノーマークでもらえるか、味方のためにスペースを作れるかということを中心に取り組んできました。裏方というか、アシストやスペーシングを今シーズンは勉強しようと思っています。

 今シーズンは、短い練習時間の中で強度をバッと上げることが多いので、チーム練習時間以外での自主練習の時間が大事になっていきます。自分に負けないように頑張らないと試合に出られないので、自分に厳しく頑張ります。

——新人王は東藤なな子選手(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)が取りましたが、同級生のライバルに2年目は負けないという思いもあるのではないですか?
梅木 新人王を取ったのがナナちゃん(東藤)で、それはそれでうれしいです。うれしいけど本当は悔しいですし、ナナちゃんは日本代表候補にも選ばれて代表合宿にも行っていたので、負けないように。絶対に徐々にでも上り詰めていきたいと思います。

アイシン・エィ・ダブリュの元気印である梅木[写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る