2020.09.16

【Wリーグ開幕特集/注目選手】新潟アルビレックスBBラビッツ・北川直美「コートの中であきらめずに最後まで戦う」

今シーズンより新潟のキャプテンを担う北川直美
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第23回は昨シーズンのレギュラーシーズンでは12位となったものの、今シーズンに巻き返しを図る新潟アルビレックス BBラビッツ。キャプテンに就任し、チームを引っ張る北川直美の思いとは。

——まず、昨シーズンを振り返ってください。
北川 (新型コロナウイルス感染症の影響で)リーグを中断する前、直前の試合(山梨クィーンビーズ戦)を勝つことができたので「ここからだぞ」という気持ちがチームにもありました。そこでのシーズン中断だったので残念な気持ちが強いです。

——成績は最下位となってしまいましたが、チームとして手応えはあった。
北川 そうです。山梨QB戦は絶対に勝とうと、みんなのベクトルが同じ方に向いていたのでしっかりと結果を残すことができました。その流れで次のトヨタ紡織サンシャインラビッツ戦も戦おうと、みんなで話をしていたので、やっぱり残念だなという気持ちが大きかったです。

——プレーかみ合ってきたと感じたのですね。
北川 序盤は練習でやってきた中にも、探り探りの部分がありました。山梨QB戦はシーズン中盤ということもあり、個々の能力や合わせのところで練習通りにできましたし、結果につながったので手応えを感じました。

——個人的にはどのようなシーズンでしたか?
北川 少しケガが重なってしまいました。正直、1シーズンをケガなく過ごせたシーズンがないので、「今シーズンこそはケガ無くやろう」と覚悟を持ってやっていたのですが…。やはり些細なケガを起こしてしまったのでそこは残念です。それでも、(ケガなく)やると決めたのは自分なので、シーズンが終わるまで、覚悟を持ってやり続けたところはあります。

——現在(取材時7月)もケガをしていると聞きました。
北川 私はまだリハビリをしています。チーム全体では徐々に接触プレーや対人での練習も行っています。

——全体練習に入れない歯がゆさもあると思いますが、その中でキャプテンとしてどう引っ張っていこうと思っていますか?
北川 正直、歯がゆさはありますね。コートの中で引っ張るのことが自分としてはベストな“キャプテンシー”だと考えていたので。でも、今はリハビリしかできていないので、コートの中では副キャプテンの菅原絵梨奈選手にお願いしています。私はコート外での声かけなど、コート内以外ところでサポートして引っ張っていこうと思っています。

——副キャプテンの菅原選手とはコミュニケーションを取っている?
北川 コート中外で話をします。「こういう風にしましょう」と声をかけて話すようにしています。そこでの話を大滝和雄ヘッドコーチに提案したり相談したりもしています。

——今年から大滝和雄ヘッドコーチに変わりましたが、今年のチームのウリは何でしょう?
北川 他のチームに比べてサイズも小さいし、若いチームです。だからこそ速い展開のバスケットであったり、がむしゃらにやることは絶対に負けたくないところなので、そこをしっかり追求していきたいです。

——今シーズン、新潟のファンに感じてほしいことやメッセージはありますか?
北川 昨シーズンはすごく点差がついて負けてしまった試合もありました。正直、見ている側に「残念だな」と思わせてしまった試合もあったと思います。

 やっぱりやるからにはあきらめたくないし、ファンの方にそういったことを感じてほしくないと思っています。選手である以上、コートの中であきらめずに最後まで戦う。そこを見てほしいです。

 今シーズンの試合は(客席に)制限などもある状況ですが、新潟のファンは(距離が)近いと感じているので、会場に応援に来られなくても一緒に戦ってほしいと思っています。

4シーズン目を迎える北川[写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る