2020.10.07

Wリーグが第2回PCR検査の結果を報告。選手、ヘッドコーチをはじめ検査結果は全員陰性

国内外のバスケ情報をお届け!

 Wリーグは10月7日、第2回PCR検査の結果を報告した。

 今回の検査は前回同様に、選手、ヘッドコーチ、各コーチ、トレーナー、マネージャー、ゼネラルマネージャーなど試合でベンチ入りする人が対象。計318件を検査した結果、全員の陰性が確認された。

 9月7日に行われた第1回のPCR検査でも全員陰性。Wリーグは、すでに9月18日に開幕しており、今季は東西のカンファレンス制でレギュラーシーズンを戦っている。

【Wリーグ公式HP】
https://www.wjbl.org/pc_index_html