2021.08.30

今週末開催の『Wリーグオータムカップ 2021 in 高崎』、ENEOS・富士通・滋賀銀行が出場辞退

国内外のバスケ情報をお届け!

 Wリーグは、9月3日から5日にかけて高崎アリーナ(群馬県)で開催する『W リーグ オータムカップ 2021 in 高崎』に出場予定だったENEOSサンフラワーズ、富士通レッドウェーブ、滋賀銀行の3チームが新たに出場辞退したと発表した。

 ENEOSでは、林咲希や渡嘉敷来夢ら5選手がアジアカップに臨む日本代表候補に選出。そのうえ、岡本彩也花やローヤシンらが練習中に負傷し、チーム内でケガ人が続出したため、編成が困難となり出場を辞退した。

 富士通はチーム内で新型コロナウイルスの陽性者が1名確認されたことを受け、辞退。滋賀銀行はチーム事情により出場を見送った。

 先日紀陽銀行が出場辞退を発表していたため、これで4チームが出場しないことに。出場チームが大幅に変更されたため、Wリーグは同大会を払い戻し対象試合とし、チケットの払い戻しを受け付けるという。なお、同大会は全試合「SPOZONE」と「バスケットLIVE」で配信される。

 初日の対戦カードは以下のとおり。

■Aブロック対戦カード(9月3日)
日本代表vsシャンソン(11:00〜)
山梨QBvs東京羽田(13:00〜)
デンソーvsアイシン(15:00〜)
トヨタ自動車vs山形銀行(17:00〜)

■Bブロック対戦カード(9月3日)
新潟vs鶴屋百貨店(11:00〜)
三菱電機vsTOTO(13:00〜)
トヨタ紡織vsアランマーレ(15:00〜)
日立ハイテクvs姫路(17:00〜)

BASKETBALLKING VIDEO