2022.01.10

三菱電機が今季無敗の富士通に連勝…シャンソンとトヨタ紡織は痛み分け/Wリーグ第10節

開幕から無敗をキープしていた富士通に連勝した三菱電機[写真]=W LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月7日から9日にかけて、各地でWリーグ第10節が行われた。

 シャンソン化粧品シャンソンVマジックとトヨタ紡織サンシャインラビッツの第1戦では、同点で迎えた第4クォーターにトヨタ紡織がリードを奪い、77-65で勝利。トヨタ紡織は加藤優希が16得点、東藤なな子と白慶花が15得点を挙げた。続く第2戦では、この試合で25得点を挙げた吉田舞衣を中心にシャンソンが前半だけで16点のリードを奪う。後半にトヨタ紡織の猛追を許して接戦となるも、小池遥が試合終了間際に逆転シュートを沈めて、シャンソンが68-67と1点差で勝利した。

 三菱電機コアラーズは開幕から無敗をキープしている富士通レッドウェーブと対戦。第1戦では、根本葉瑠乃が19得点7リバウンド、渡邉亜弥が14得点7アシストを挙げた三菱電機が、68-67と僅差で勝利し、富士通に今シーズンの初黒星を与える。さらに渡邉は、第2戦でも24得点7アシストとチームをけん引すると、同点で迎えた試合終了間際には決勝点を沈め、68-66で三菱電機が連勝を飾った。

 ENEOSサンフラワーズは日立ハイテククーガーズと対戦。第1クォーターを11点ビハインドで終えたENEOSは、その後に巻き返し、74-60で第1戦に勝利する。梅沢カディシャ樹奈が15得点14リバウンドとダブルダブルをマークした。続く第2戦では、梅沢が23得点、林咲希が22得点を挙げ、77-59で快勝。見事にENEOSが連勝を収めた。

 対戦結果、次節の対戦は以下のとおり。

■【第10節】試合結果
※左側がホームチーム、ニュートラルゲーム(中立地開催)は「N」と記載

山梨QB vs アランマーレ(N)
第1戦 71-61
第2戦 71-56

東京羽田 vs 新潟
第1戦 82-68
第2戦 79-63

シャンソン vs トヨタ紡織(N)
第1戦 65-77
第2戦 68-67

三菱電機 vs 富士通(N)
第1戦 68-67
第2戦 68-66

日立ハイテク vs ENEOS(N)
第1戦 60-74
第2戦 59-77

アイシン vs トヨタ自動車(N) ※アイシン所属選手1名が新型コロナウイルス陽性のため中止

■【第11節】対戦カード
※左側がホームチーム、ニュートラルゲーム(中立地開催)は「N」と記載

▲1月15日
13:00 アランマーレ vs 東京羽田
13:00 日立ハイテク vs トヨタ自動車(N)
13:30 山梨QB vs アイシン
15:00 富士通 vs デンソー(N)
15:30 三菱電機 vs ENEOS(N)
17:00 新潟 vs シャンソン

▲1月16日
13:00 アランマーレ vs 東京羽田
13:00 新潟 vs シャンソン
13:00 日立ハイテク vs トヨタ自動車(N)
13:30 山梨QB vs アイシン
14:00 富士通 vs デンソー(N)
15:30 三菱電機 vs ENEOS(N)

BASKETBALLKING VIDEO