2020.08.07

渡嘉敷来夢をはじめ、2020年度の女子日本代表候補選手が発表に

21名の2020年度女子日本代表候補選手が発表となった[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月7日、日本バスケットボール協会(JBA)は、東京2020オリンピック競技大会を見据え、女子の2020年度・日本代表候補選手を発表した。これは男子代表同様にバスケットボール日本代表チームの継続的な強化・育成を目的とした活動の再開を念頭にしているもので、今回は21名の候補選手が選出された。

 メンバーはリオデジャネイロ・オリンピックにも出場した髙田真希や渡嘉敷来夢をはじめ、一昨年と昨年度で日本代表候補に名を連ねた選手たち。また、チームスタッフには昨シーズンまで日立ハイテククーガーズのヘッドコーチを務めていた藪内夏美がアシスタントコーチとして加わった。

 なお、今回の日本代表候補選手は、8月16日にリモートマッチとして開催予定の“SHOW CASE”の参加選手というわけではないということだ。

 発表された2020年度女子日本代表候補選手は以下の通り。

■女子日本代表候補選手

髙田真希(C/デンソー)
渡嘉敷来夢(PF/ENEOS)
本川紗奈生(SG/デンソー)
渡邉亜弥(PG/三菱電機)
町田瑠唯(PG/富士通)
宮澤夕貴(SF/ENEOS)
谷村里佳(PF/日立ハイテク)
本橋菜子(PG/東京羽田)
三好南穂(PG/トヨタ自動車)
長岡萌映子(PF/トヨタ自動車)
北村悠貴(SG/日立ハイテク)
林 咲希(SG/ENEOS)
根本葉瑠乃(SG/三菱電機)
馬瓜エブリン(SF/トヨタ自動車)
佐藤奈々美(SG/日立ハイテク)
加藤優希(SF/トヨタ紡織)
永田萌絵(PG/トヨタ自動車)
中田珠未(PF/ENEOS)
赤穂ひまわり(SG/デンソー)
宮下希保 (SF/アイシン・エィ・ダブリュ)
オコエ桃仁花(PF/富士通)
※掲載:氏名(ポジション/所属)

■主なチームスタッフ
ヘッドコーチ/ホーバス トム(公益財団法人日本バスケットボール協会)
アシスタントコーチ/恩塚亨(東京医療保健大学)
アシスタントコーチ/知花武彦(トヨタ紡織)
アシスタントコーチ/藪内夏美(公益財団法人日本バスケットボール協会)