2021.06.19

女子日本代表が第6次合宿をスタート…12名のエントリーに向け16名がラストスパート

急ピッチに準備を進める女子日本代表チーム [写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 東京2020オリンピックへ向けて強化をすすめる女子日本代表は、6月19日から28日までの日程でオリンピック代表候補選手による第6次強化合宿を実施することを発表し、同時にこの強化合宿に参加する16名を公表した。

 先日行われた三井不動産カップ2021(神奈川大会)において、国際ゲームの感覚を取り戻すことと、オリンピックに臨む12名を選考するトライアウトを行った女子代表チーム。同チームのトム・ホーバスヘッドコーチは、3試合後の記者会見で「6月末にエントリー12名を決定する」と明かしていただけに、この合宿でオリンピック出場メンバーが決まることになりそうだ。

 今後の女子日本代表は、7月5日〜25日まで第7次強化合宿(調整中)を行い、三井不動産カップ2021(埼玉大会)(15日vsベルギー、17日vsプエルトリコ)を経て、27日にフランスとの初戦を迎える。

 発表された女子日本代表候補16名は以下のとおり。

■女子日本代表候補選手
髙田真希(C/デンソー アイリス)
町田瑠唯(PG/富士通 レッドウェーブ)
宮澤夕貴(SF/富士通レッドウェーブ)
谷村里佳(C/日立ハイテク クーガーズ)
本橋菜子(PG/東京羽田ヴィッキーズ)
三好南穂(PG/トヨタ自動車 アンテロープス)
長岡萌映子(PF/トヨタ自動車 アンテロープス)
北村悠貴(SG/日立ハイテク クーガーズ)
安間志織(PG/トヨタ自動車 アンテロープス)
林咲希(SG/ENEOSサンフラワーズ)
馬瓜エブリン(SF/トヨタ自動車 アンテロープス)
宮崎早織(PG/ENEOSサンフラワーズ)
赤穂ひまわり(SG/デンソー アイリス)
オコエ桃仁花(PF/富士通 レッドウェーブ)
奥山理々嘉(SG/ENEOSサンフラワーズ)
東藤なな子(SG/トヨタ紡織 サンシャインラビッツ)

BASKETBALLKING VIDEO