2021.08.05

値千金のシュートを決めたキャプテンの髙田真希「次の試合も日本らしいバスケを」

勝利の瞬間、それまでのポーカーフェイスを崩して喜びを爆発させた髙田真希 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月4日、女子バスケットボールの準々決勝が行われ、日本代表は86−85でベルギー代表に勝利し、日本バスケ史上初となるオリンピックでベスト4進出を果たした。

 第4クォーター、町田瑠唯(富士通レッドウェーブ)とのホットラインを完成させ、何度もゴール下で貴重な得点を決めた髙田真希(デンソーアイリス)。先行するベルギーをとらえた3ポイントシュートも忘れられない。

 髙田の試合後のコメントを日本バスケットボール協会が掲載している。

 試合を振り返り、「ここ数年、強化試合でもベルギーとは対戦する機会が多く、お互いに手の内を知っている中で、自分たちの良さを消されている部分がたくさんありました」とコメント。「ハーフコートではなく、オールコートでガードに対してプレッシャーをかけ、自分のところにスクリーンを行かせないようなタフなディフェンスをしてきました。そこからミスを誘われて、ボールを取られてしまったところも多く、相手のディフェンスのプレッシャーは激しかったです」と、ベルギーの日本対策について言及。

 また勝因を聞かれると「気持ちです」とキッパリ。「相手も分かっているので、ディフェンスではすごくタフに間合いも詰めてきて、なかなかシュートを打たせてもらえませんでした。そこを振り切るために動きながらでも、目の前にディフェンスがいても、シュートを決め切れたことは気持ちだったと思います」と精神面での勝利を強調した。

 今後の戦いに向けて「目標は金メダルであり、それは変わりません。準決勝で勝つことが、その目標に向かうための条件にもなってきます。今日の試合のように40分間動き続けることが日本のバスケットなので、次の試合も日本らしいバスケットを出し、チームメイトを信じて戦っていきたいです」と力を込めた。

 金メダル獲得を目標に掲げる日本だけに、この準々決勝は通過点と言えるのかもしれない。しかし、偉業を成し遂げた選手たちをまとめて、さらに自身の得点でチームの危機を救った髙田のパフォーマンスは、勝利に欠かせないファクターであったと言えるだろう。

BASKETBALLKING VIDEO