2022.02.02

『自分らしさ』をテーマに世界での飛躍を描く山本麻衣「W杯で活躍したい」

点を取れるポイントガードとしてメンバー入りを目指す山本麻衣 [写真提供]=日本バスケットボール協会
中学や高校、大学などの学生バスケットをはじめ、トップリーグや日本代表と様々なカテゴリーをカバー。現場の“熱”を伝えるべく活動中。

「アジアカップとは違ったメンバーで、お姉さん方々も入ってきて、すごくいい刺激を受けながら毎日成長できていると感じています」

 昨年の夏は3x3女子日本代表として東京オリンピックに出場。その後、若手中心で挑んだ「FIBA女子アジアカップ2021」で、積極的な攻撃でチームを盛り立てた山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)は、参加している「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022 予選」(以下ワールドカップ予選)に向けた代表合宿について笑顔で感想を語った。

 今回の代表候補メンバーには、アジアカップをともに戦った宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)をはじめ、ポイントガードが多く名を連ねる。その激しいポジション争いについて、ポイントガードの先輩たちの名前を挙げて山本はこうも語った。

「藤岡(麻菜美/シャンソン化粧品シャンソンVマジック)さんは、『パスのセンスがずば抜けているな』とマッチアップして改めて感じます。パスのタイミングなどを肌で感じ、学びになっています。本橋(菜子/東京羽田ヴィッキーズ)さんはシュート力があり、リズムも人と違うので、それも体感することで学んでいます。ユラさん(宮崎)はアジアカップから一緒にやっているのですが、ボールプッシュなどスピードで気付かされることが多いです。ポイントガードがいっぱいいますが、それぞれ違う特長があり、吸収することがたくさんあるので、いい刺激になっています」

 また、「その中で、得点できるポイントガードということが私の強み。自信を持って、シュートを打つ時は思い切って打つようにして、それを決め切れるようにやっていきたいです」と抱負を口にした。

 恩塚亨ヘッドコーチの下で代表活動を行うのはアジアカップに続いて2度目。「アジアカップの頃よりは、チャンスを逃さず、自分でチャンスを見つけてそこを決め切る力がついていると思います」と手応えも感じている。さらには、「あまり考えすぎずに自分のやりたいプレーをすれば、それが自分らしさにつながるということをアジアカップの時に恩塚さんが気付かせてくれた」。アジアカップでの経験がWリーグにも生かされているようで、「それをしっかり表現して継続できたら、自分らしさがすごく出ているのかな」とも語ったように、今シーズンは1月23日時点で昨シーズンを上回る1試合平均9.62得点3.63アシストを記録している。

 代表合宿では、周りのメンバーから吸収することも多く、「楽しい」と目を輝かせるが、一方で「そればかりを意識すると、自分の持ち味を忘れがちになってしまうことがある」という。加えて、「ここに集まっている人たちはポテンシャルやすごい技術を持っているので、怖気づいてしまうこともある」そうだ。そんな時には、原点に返り、「自分らしさは何かというのを考えている」という。

「(12名に)絶対に選ばれたいと思いますし、5人制のワールドカップ、フル代表でもしっかり活躍したいと思っています」

 22歳のポイントガードは、楽しみながらも、並々ならぬ思いで新たな挑戦に臨んでいる。

取材・文=田島早苗

BASKETBALLKING VIDEO