2022.02.11

代表復帰戦を白星で飾った渡嘉敷来夢「どんなゲームでも諦めずにやればひっくり返る」

2年ぶりの代表復帰戦を勝利で飾った渡嘉敷[写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月10日、「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022(以下ワールドカップ)予選」、日本対カナダがおおきにアリーナ舞洲(大阪市)で行われ、日本は延長戦の末86-79で勝利を飾った。

 この試合で12得点8リバウンド5アシスト1スティールをマークした渡嘉敷来夢(ENEOSサンフラワーズ)は「2年ぶりの代表活動なので、すごく楽しみにして今日を迎えました。新しいヘッドコーチの元でいいスタートが切れたなと思っています」と試合後の会見で語った。

 日本は17点ビハインドで試合を折り返すと、第3クォーターには一時20点差まで広げられたが、エースはそれでも焦ることはなかったという。

「ハーフタイムに恩塚(亨HC)さんが『いつものみんならしくないよ。もっとフットワークを使って動いてこうよ』とポジティブな言葉をかけてくれたので、焦ることなく一人ひとりがやるべきことをやろうとなりました。なりたい自分を目指してプレーすることによって、どんなゲームでも諦めずにやれば、ひっくり返るんだなと感じました」

 さらに「追いかけている展開でしたがすごく楽しめました。全員が輝いて見えて、みんなカッコ良かったです。そのみんなとバスケットができて楽しかったですね」と笑顔で付け加えた。

 今年6月には31歳となる渡嘉敷は、若い選手が代表に増えたことについて聞かれると「若い子からはすごくエネルギーをもらっていて、バスケットだけではなく、普段の生活でも楽しい時間を過ごせています。私はWNBAを経験したり、少なからずみんなよりは海外の選手と試合をしたことがあるので、そういった経験を伝えていくことが私のやるべきことじゃないかなと感じています」と語り、リーダーシップを垣間見せた。

 次戦は絶対的なエースであるジョンケル・ジョーンズ(コネチカット・サン)を擁するボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦に臨む。渡嘉敷はWNBAでMVPも受賞しているスター選手との対戦に意気込んだ。

「ジョーンズ選手とは、いつかやってみたいなと思っていました。一度WNBAで対戦したことがあるんですけど、その当時よりもすごくレベルアップしていて、その彼女とこんなに早く対戦できると思わなかったので、すごくワクワクしています。今の自分が彼女にとってどれくらいインパクトを残せるかというのを意識していきたいです」

 注目の一戦は2月13日の18時からティップオフ予定だ。

BASKETBALLKING VIDEO