2023.05.27

BリーグとKBLがパートナーシップ継続…島田慎二チェアマン「両リーグの協力体制をより強固に」

調印式に臨んだ島田慎二チェアマン(左)とキム・ヒオクコミッショナー(右)[写真]=バスケットボールキング編集部
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月26日、Bリーグは韓国バスケットボールリーグ(以下、KBL)とパートナーシップを継続するため、調印式を実施したことを発表した。

 2019年5月にBリーグとKBLで締結したパートナーシップは2023年6月末までの予定であったが、議論を重ねた結果、パートナーシップを継続することで双方合意に。新たな提携期間は2023年5月~2026年6月末の3年間で、プロレベルでの交流試合実施や両リーグのアジア枠設置、ユース選手育成を柱とし、両国における競技発展を目指す。

 Bリーグの島田慎二チェアマン、KBLのキム・ヒオクコミッショナーはリーグ広報を通じ、以下のようにコメントしている。

・Bリーグ 島田慎二チェアマン
「本日、BリーグはKBLと正式にパートナーシップ継続を合意いたしました。Bリーグが開幕する2016年当時からKBLとは事務局間の交流があり、2019年のパートナーシップ締結以降も協力体制を続けてきましたが、2022年12月のKBL訪問時にキム・ヒオクコミッショナーと直接お話しをしたうえで、本日のパートナーシップ継続の調印式を実施できたことを大変うれしく思います」

「アジアにおいてもバスケットボールが急速に国際化する中で、両国の発展ひいてはアジアの発展に向けてこれまでの提携領域についてさらなる発展、展開を目指していきます。また今回、キムコミッショナーにBリーグファイナルにお越しいただきましたが、次回は私がKBLファイナルにお伺いする形で、両リーグの協力体制をより強固に構築していければと考えております」

・KBL キム・ヒオクコミッショナー
「本日、KBLとBリーグが交流と協力のパートナー関係を一段階引き上げるに至り、島田慎二チェアマンをはじめBリーグ関係者の方々に感謝申し上げます。2021-22 シーズンよりKBLは「RE:BOUNDKBL」3段階戦略を推進して成長を遂げていますが、その戦略の一軸である国際化の一環として、新たに成長しているBリーグとの交流および協力に拍車をかけたいと思っております」

「両国におけるバスケットボールの国際競争力および専門性向上はもちろん、アジアのバスケットボール水準のさらなる上昇に大きく寄与することを期待しております」

BASKETBALLKING VIDEO